03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

渓流:いつもの小渓流でまったり 

4月29日。
長野遠征から戻ってきた私は某餌取り場にてせっせとヒラタを採っていた。
勿論、翌日のHG小渓流にて使う為だ。

そこに本流にて修行をしてきたSYさんが合流。
彼の燻製作りを見つつ、酒と共に釣り談義から家庭事情?まで花が咲き夜は更けていったのだ・・・

翌朝4時過ぎ。
SYさんに起こされて起床。
シジミ汁の差し入れを頂き・・
前日採って活かしておいたヒラタを餌箱に詰め込んでから、二人揃って某渓流に向かった。

何時もの駐車スペースに車を止めたのが5時半過ぎ。
外に出るとヒンヤリとした空気が纏わりついてくる。
s-DSCF1217.jpg
昨日と違って天気も穏やか。

準備を終えて渓に降りる。
水は平水だが、踏み跡はかなりのもの・・・・
早速、粋我600を伸ばすが結構抜かれちゃってるかも。

SYさんと二人、順次釣り上がると早くも結果は出た。
浅い背のちょっとだけ深くなっている場所でアタリ。
s-DSCF1218.jpg
レギュラーサイズ♪

そこそこまだ魚は居るみたい。
下流を見ればSYさんもヤマメを釣っている。
ちょっと釣り上がった時に下流から釣り人が一人・・・・
何とロクに挨拶もせずことわりもせずズカズカと上流に上って行ってしまった(怒
う~ん、マナーの悪い奴が居たもんだ!
釣りたい気持ちは解らんでもないが・・・
バッチリとウェアを含めて決めていたが、中身が伴っていないんじゃ情けないねぇ・・・・

ま、気にせず釣り上がろう。
SYさんはかなり丹念に探っているようなので、私は少し上流に移動して間隔を開けるようにした。
ちょっと上った先に落ち込みが一つ・・・・その下流にもう一つの落ち込みがあったので餌を落とし込んでみる・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・反応が無い。
そのまま流し、開けた背のちょっとした変化の場所まで流し切った所でココンとアタリ!
粋我を良い感じに曲げて楽しませてくれる。
s-DSCF1219.jpg
24Cmぽってりヤマメ♪

う~ん、結構満足。
その後も釣り上がり、ここぞってポイントでは出たり出なかったり。
ここはどうかな~ってポイントでは結構アタリが出る。

やっぱり連休に入って釣り人が増えた分、竿抜けを狙わないと厳しい感じ。
s-DSCF1221.jpg
足首の深さからレギュラーサイズ。

途中、所々でSYさんが上がってくるのを待ちながらの釣り。
こんなにのんびりと釣り上がるのは何時以来だろうか・・・・・・
まったりと仕掛けを流し・・・
s-DSCF1226.jpg
水中写真を撮影♪

陽気も良くなり陽が差し込んでくる。
風も穏やかであり、渓を吹き抜ける風はどこかひんやりしていて心地良い。
そう・・・
s-DSCF1228.jpg
それは癒しの一時♪

と、上流から朝方ズカズカと抜き去っていった釣り人が下ってきた。
それも人が流している前をジャバジャバと水音を立てて・・・・
喧嘩売ってんのか?と噛付こうとしたが・・・・野暮なことは止めておこう。
何故か人の流している筋に仕掛けを入れてきてムッとしたがアタリが無いとさっさと下って行った。

・・・・・・・心を落ち着けよう。

その釣り人が流した筋を丹念に流してみるとガツッとアタリ!
24Cm級の良型が釣れた♪

少し釣り上がり淵に来た。
SYさんを待つ間ルアーを投げてみる。
実績の高いチャートカラーを泳がせると・・・
s-DSCF1223.jpg
一発ヒット♪

暫く待ってSYさんと一緒に釣り上がり。
ぽつぽつと狙ったポイントでヤマメを釣り続ける。
最後の退渓点周辺で流すとアユの群れが邪魔してくれる(汗
4号針を丸飲みしてくるので厄介だ。

落ち込みから深くなっている場所がある。
何度か流してみたが底まで届かない。
が、ここは居るだろうってことで錘を5号からBに変えて一気に落とし込むとゴゴッとアタる。
s-DSCF1231.jpg
締めの1尾。ちょっと細め。

餌を使い果たし、時間的にも14時過ぎ。
SYさんも結構お疲れの様だったので、今回はこれにて退渓とした。
戻りは車道まで出てのんびりと歩いて戻り、暫く渓の空気を感じつつゆったりと休憩を取ってから帰路に着いた。


s-DSCF1230.jpg
頭上を見上げれば、藤の花が咲いていましたな。



さて連休後半・・・・予定通り本流竿を振り回しに行く予定。
果して勝つか負けるか・・・



釣行日: 4月30日
ヤマメ ×20尾以上
スポンサーサイト

[edit]

渓流:初遠征 

世間一般では29日から大型連休と言うらしい・・・

今まであまりそう言った事に縁が無かったんだが、今年は奇跡的にご縁が巡って来たのだ。
ちょっと前から遠征してみようかどうしようかと色々と悩んだ。
結論としてはこういう機会でしか難しいだろうってことで今回の遠征を決めたのだ。

目的地までどの位掛かるか解らないので、何時もより早めに出発&今回は全区間高速使用。
勿論、帰りはオール下道だ(笑
s-DSCF1189.jpg
首都高・・・快調ですな♪

s-DSCF1198.jpg
中央道・・・こっちも順調~

しかし目的地まで片道210Kmは結構シビレタ・・・
結構早く出たのに高速降りる頃には明るくなってきてるし・・・
s-DSCF1199.jpg
到着♪

ふと気付いたが・・・長野まで来ると生えている木の種類が結構違う。
何というか・・・・・・高原の森って感じ?

ま、インターの近くだけで他はあまり変わらなかったけどね。

全く初めての場所なので、まずは遊漁券を購入がてら情報収集。
目当てを付けていた川は昨日からの雨でちょっと濁り気味&微量の増水とのこと。
でもアマゴは釣れるよってことで早速向かうことに。
s-DSCF1202.jpg
ボサ川って感じ。
水深も浅い場所が多く、流れは平坦な場所が多い。
s-DSCF1203.jpg
定番ポイントはやっぱりボサ際だろうけど・・・・
白泡が立っている石の際も魚は着いてそう。

しかし寒い!
外気温は6時の時点で7℃・・・
そして準備を始めようとしたらここで怪しい雰囲気だった空から無常の雨が・・・・
暫く車中で待機していたら1時間程度で上がり、太陽が元気に顔を出したのでそそくさと準備。

取り敢えずは粋我の700を伸ばし、キジと川虫で初めてみることにした。
しかし暫く釣り上がってもアタリが無い。
しかも水深が無く、石にコケとヌルが付着していて効率を下げてくる・・・
途中の小さな堰にて落ち込みを丹念に攻めてみると・・・
ココッ!・・っと喰った♪
s-DSCF1207.jpg
遠征初アマゴ♪

型は20Cm位だが、しっかりと朱点もある。
綺麗ですな♪

それから天気が良くなり、気温水温ともに上がってきた影響か、ポツポツとアタリを拾えるようになってきた。
見立て通り平坦な川なのでちょっとした変化がある場所でのアタリが多い。
型は平均20~23Cmくらいってとこ。
s-DSCF1204.jpg
折角なので水中写真♪

12時までに10尾のキープ。

川べりに座って昼食を取りながら暫しの休憩・・・
1時間ほど長閑な風景を眺めてから後半戦スタート。

ところが、少し釣り上がったところで事件は起こった・・・
対岸のボサが妙にガサガサと動いている。
何か動物だろってことで特に気にしてなかったんだが、出てきた獣を見て体が固まった(汗

アダルトなイノシシ

何故?・・・何故奴がここで出る??
山奥でもないし、人家も近い。
様子を見ていたが、こちらに渡ってくるようでもなかったので、見なかった事にして釣り再開。
因みに熊除け鈴は完全に無視・・・・笛は変に刺激しそうだったので止めといた(汗
と、ここで後ろから声を掛けられた。
地元の年配釣り師のようだ。
話好きのようであれこれと話をしていたが・・・・何故か向き的に視界に入っているはずのイノシシには一向に触れない。
見慣れてるってことか??

結局は1キロ弱、イノシシ&地元の御仁と共に釣り上がり、3尾ほど追加。

やがてまた一人の時間が訪れた・・・

この頃になると陽気も良く、青空が眩しい。
そして・・・
s-DSCF1208.jpg
アマゴが釣れる。

相変わらずペース的にはポツポツなのだが・・・
途中の大きめの堰では20Cmオーバーが3尾連続で喰って来たりと結構楽しめる♪
s-DSCF1212.jpg
本日一番の25Cm強。

しかし風が強くなってきた。
朝からそこそこ吹いてはいたんだが、釣りには支障はなかった。
今は・・・・仕掛けが凧揚げ状態(笑
あげくには釣れたアマゴがひらひらと・・・・舞う。
そしてオートリリース・・・

う~ん、釣りにならん(汗
s-DSCF1231.jpg
それでもキープ♪

結局は少し早いが17時に今回の遠征を終わることにした。
強風の中で竿を保持していたので、腕もパンパンだ。


s-DSCF1216.jpg
初遠征・・・・・一応、成功の内に幕を閉じたり♪

帰り際の富士山をバックにした甲府盆地の眺めは、実に雄大で心躍るものがあった。
これだけでも来た意味はあったと思う・・・
そんなことを思いつつ・・・翌日の釣りに備えてテント場へとハンドルを切った。




釣行日: 4月29日
アマゴ ×18尾

[edit]

渓流:小さな渓流歩き 

今週も燻製制作の指令が出た。

休日出勤の代休を当てて、金曜深夜に自宅を出発。
s-DSCF1164.jpg
今回も下道だ♪

最近は・・・というか今シーズンは渓への往復は下道を使い、高速は出来るだけ控えるようにしている。
毎回の出費もバカにならないし、あまり嵩むと禁止令が出かねない(汗
しかし慣れてしまえば大した事ないんだよなぁ~・・・・

まずは燻製ネタ確保ということで本流筋で獲物を狙う。
s-DSCF1166.jpg
7m竿を振り回します。

水量は平水って感じ。
仕掛けを入れていくとポツポツとアタリはあるが、結構な確率で豆ヤマメが当たってくる。
釣れる度にリリース。

んで、燻製サイズのニジマス。
s-DSCF1167.jpg
やっと確保・・・

その後も釣り歩くも平日というのに結構人手が多い。
数か所回ってみたが、どこも先行者ありでアタリも渋い・・・・
何とか数匹のブルックとニジマスを確保した所で特にドラマも無く、この日の釣りは終わってしまった。
s-DSCF1171.jpg
う~ん、不完全燃焼・・・・

少ない獲物で燻製を作ろうかと準備していたら予報には無かった無上の雨・・・・
く、燻製作れないじゃん。
テント場で一人自棄酒を煽りつつ・・・・夜は更けていった。

翌朝は目が覚めたのが7時過ぎ。
目の前の川で餌を確保してから一日をどうするか考える。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうだ!小さな渓流に行こう♪
そこは小さな小さな渓流・・・・・
仕掛けもチョウチンしか通用しない世界。
s-DSCF1176.jpg
こんなとこ。

川幅は2~3m程度。
頭上には木が覆い被さっている場所が多く、チョウチン以外は釣りにならない。
もう少し下流に行けば問題無いんだが、釣り人が既に入っている可能性も高くお気に入りの場所に入ることにした。

仕掛けは0.3号の通しで全長は1ヒロ。
4号針にヒラタを刺して仕掛けを入れる。
規模は小さいが段々になっており、ちょっとした山岳渓流的な雰囲気はある。
自ずと魚が着く場所は石の影や落ち込みがある水深が取れる場所に限られる。

早速仕掛けを目の前の石の際に流すと・・・・
s-DSCF1174.jpg
釣れた♪

型は17Cm強。
ここでは良型の部類に入る。
川が小さいのでリリースサイズの小型が多いのが難点かな・・・・
小さいのはポイポイしつつ釣り上がり・・・・
s-DSCF1178.jpg
規定以上のだけキープ。

数百m釣り上がり、9尾キープ。
今度は釣り下がり入渓点まで戻り、更に釣り下がる。
ポツポツとヤマメを釣り・・・・イワナが出ない。

仕掛けを入れ難い場所に餌を流すと・・・・
s-DSCF1173.jpg
20Cm近い良型が釣れる♪

暫く釣り下がったが、遠くに釣り人が見えたのでこの川はここでお終い。
退渓し、朝方餌を集めた河原に再び向かう。

ちょっと一息入れてから再度の餌集め♪
XLサイズのヒラタを多数確保してからHGとも言える小渓流にハンドルを切った。
s-DSCF1182.jpg
今年3回目?

仲間のSYさんが丁度退渓したところでバッタリ!会った。
色々と話して一緒に釣り上がることに・・・
SYさん、本流筋しか経験値が無いようで、仕掛けを見てみるとちょっとここには合ってない様子。
攻め方も一通り教えてから実践してもらうと、立て続けに2尾のレギュラーサイズを釣ってしまった!

・・・・流石だ。
しかしSYさんは時間切れとのことで途中で引き返す。
私はこのまま上流部の退渓点まで釣り上がる。

しかし、午後の中途半端な時間なのでアタリが遠い・・・・
暫く釣り上がってやっと・・
s-DSCF1179.jpg
24Cm!

ニッチな場所を攻めまくり!
んで・・・
s-DSCF1180.jpg
ギリキープサイズ。

こんな感じで結構渋い・・・
辺りも段々と暗くなってきたところでまだ半分しか上ってない(汗
ちょっとペースを上げて釣り上がり・・・
s-DSCF1183.jpg
最後の最後に25Cm弱を仕留めて・・・

退渓点から無事に帰還しましたとさ!

しかし初日は外したが二日目は結構楽しかった。
s-DSCF1185.jpg
次週は遠征してみますか♪



釣行日: 4月22~23日
ブルック×2尾、ニジマス×3尾、ヤマメ×18尾(他リリース×4尾)

[edit]

渓流:躍動する生命(後編) 

早めに仮眠を取った影響で翌朝はかなり早く目が覚めた。

まだ周囲は暗く、ヘッドライトが必要だった。
大きく伸びをしてから川縁にタモ網に入れて生かしておいたヒラタを餌箱に移し、ハンドルを切る。

早朝の国道は空いていて快適だ。
s-DSCF1124.jpg
まだ暗い・・・

今日は土曜日・・・・
釣り人の数も増えるだろうと思い、早めに入渓の準備を終え、川に降りた。
朝の内は結構ひんやりしており、仕掛けを流すも反応は良くない。
ポツポツと釣りつつ、のんびりと釣り上ると、陽光が差し込んでくる。
s-DSCF1132.jpg
・・・隙間から。

陽が川に差し込み、浅い川底を照らす頃にはそのような背でも魚の反応が出てくる。
アタリは小さく、また魚も小さいが・・・
s-DSCF1125.jpg
リリースサイズ。

ふと頭上の斜面でガサガサと音が・・・・

見上げると鹿が3頭。
こちらに気付くと駆け足で去って行ったが・・・・同時に少々落石も(汗
慌てて避け、難を逃れたが結構危なかった。

石が川にも落ちてしまったので、目の前の背はだめダメだろう・・・
仕方なく釣り上る。

途中の落ち込みで仕掛けを止めると・・・
s-DSCF1126.jpg
細めのレギュラーサイズ。

それからここはというポイントに仕掛けを入れると必ず反応がでる。
一人目ってやっぱ大事だな~と思いつつ・・・
竿先にゴゴッとアタリ。
竿を立てると結構な引き込み♪
s-DSCF1127.jpg
・・・24Cm強♪

良いサイズのヤマメが顔を出した。
しかも結構なポッテリで見るからに美味そうだ♪
s-DSCF1134.jpg
写真奥の真ん中の落ち込み手前で食った。

天気は良く、渓を抜ける風も心地良い・・・
s-DSCF1131.jpg
色付き始めた渓魚・・・
s-DSCF1133.jpg
そして澄んだ流れに思いを託す。
s-DSCF1135.jpg
答えは・・・・帰って来た♪

入渓して3時間半。
もう少しで退渓点というところで、ここ一番の大きな流れ込みがある。
錘を4号から2号に変え、流れ込みからそのまま底に沈めると、反応がすぐに帰ってくる。
規模の小さい川にしては水深があるポイントなので、レギュラーサイズでも引きが面白い♪
s-DSCF1145.jpg
ちょっと細いけど・・・

まだ魚が出そうだと粘ってみることにする。

3尾追加したところで、急に周囲で獣の鳴き声が聞こえた。
ハッと頭上を見回してみるが特に変化は無い・・・・
と、次の瞬間猿の群れが木々を渡って移動していった。
全部で15頭くらいだろうか?
ボスっぽい猿は群れが通過するまで私とにらめっこしていたな・・・・

最後に退渓点前の背で目印を引き込む今日一番のアタリが出る。
竿を立てると粋我が綺麗に曲がった。
やっぱこの位の竿が面白い(笑
s-DSCF1146.jpg
24Cmポッテリ・・・♪

s-DSCF1142.jpg
草木も獣も魚も・・・・命の躍動に漲っておりました。

今期初の二連戦。
些か疲れも感じてきていたので、少し早いが14時過ぎには川を後にし、休憩できる場所に車を移す。
3時間程仮眠を取り夕マヅメにルアーを少し投げ何とヤマメを1尾追加。
夕闇迫る山並みを暫く眺めてから帰路に着いた・・・


翌日の晩・・・
s-DSCF1153.jpg
子供達は塩焼きより丸揚げがお好き♪
我が家の5歳児と2歳児はいきなり頭から丸齧り・・・・そこに躊躇は全く無い(笑


さて私は・・・
賑やかな食卓の片隅で前日の渓歩きを思い出しつつ。
s-DSCF1154.jpg
美味い渓魚を食べ・・・

s-DSCF1156.jpg
自然の恵みに・・・・感謝する。



釣行日: 4月9日
ヤマメ×15尾(他リリース×3尾)

[edit]

渓流:躍動する生命(前編) 

この週末は結構暖かくなるようだ。

寒々としていた山も段々と活気付いていくのだろう・・・

それに合わせるかのように釣りの蟲がざわざわと体の奥でざわめき、代休まで使わせてしまうのだ(笑

先週の代休を金曜日に当て込んで金~土の二連戦。
初日は燻物のネタ仕込みがメインで、翌日は小渓流を満喫したいと計画を練った。


夜中に出発し、前回と違うポイントに入ったのは6時前。
来る途中からそうだったんだが、霧が凄い。
s-DSCF1109.jpg
モヤモヤ~・・・・・

水は平水って感じで、碧羅を伸ばし川虫を採取して仕掛けを取り敢えずオーソドックス感溢れるポイントに打ち込むがアタリ無し。
居れば反応はあると思ったんだが・・・
錘を重くし、ちょっと狙いにくいような場所に仕掛けを入れて止めると速攻でアタリ(笑

抜いたのは25Cm強のイワナだった。

すると監視員のキャップを被った老練な紳士が下流からご挨拶。
色々と聞くとこの辺りの魚はあらかた抜かれちゃった後みたい・・・・・・
ま、予想通りと言うか実感通りと言うか。
上の方はまだマシかもって言ってたので素直に従ってささっと遡行することにした。

少し上った深みのある背を流してみると背尻で明確なアタリ。
ゴンゴンと結構な疾走を見せてくれたのはニジマス。
s-DSCF1110.jpg
38Cmくらい。

更に釣り上がった背で石の裏に仕掛けが入ると目印が逆行。
竿を立てると引きが伝わってくる。
s-DSCF1111.jpg
そこそこのヤマメ♪

更に釣り上がろうとすると倒木が遡行ルートを完全に塞いでいる。
そこ以外は押しが強く深さもある。
ちょっと難しいだろう・・・

更には対岸にが闊歩しているのを見てしまい・・・・
場所を移動することしした。
あの猪・・・・こっちに渡りたそうだったなぁ・・・・

入渓点近くまで戻りつつ竿を振り、ニジマスを追加して車に戻る。
一息入れてから次の場所に・・・

次の場所は勝手知ったる約束の地。
s-DSCF1121.jpg
相変わらず水少な目。

先行者を上流側に見かけたので、初めに下流の淵を攻めることに。
川を渡り、淵の際に立ちこむ。
s-DSCF1120.jpg
今回も入魂の儀式を執り行います♪

7m竿だと少々キツイかな~なんて思いつつ仕掛けを落ち込みからの流れに入れ込むと直ぐにアタリ。
s-DSCF1112.jpg
26Cm強のヤマメ♪

硬めの碧羅と違いこの竿だと魚の引きも存分に味わえて面白い♪
更にニジマスを追加し、小休憩を挟んでの5投目。
流れに馴染んだ仕掛けを引っ手繰るような今日一番のアタリ。
粋我が綺麗な弧を描いて疾走を受け止める!
魚の魚信も引きも確実に良い感じになっている♪
s-DSCF1113.jpg
泣き尺ヤマメ♪

この竿でこのサイズ。
自分的には結構満足♪
もう今日は切り上げても良いかな~なんて思ったが、薫物のネタにあと2尾足りない(汗
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先行者との距離も開いただろうから上りますか・・・・と思ったその時。
背後に気配。

振り向くとまたもや
ヤツとの距離は4m位か?
相手は2頭・・・・しかも結構デカい(汗
時間的には10~15秒程度だろうが睨み合いの末にあちらが下流方向が去ってくれた・・・・

・・・ホッ

長居は無用とさっさと川を渡り、遡行。

仕掛けを入れながら上るが、やっぱりいかにもってポイントは無反応。
居るかな~?って場所を攻めると・・・・
s-DSCF1115.jpg
イワナ系ですか?

25Cmくらいの魚が二連発。
その後も釣り上がったが先行者が下ってきたので挨拶と情報交換をしてみたが、芳しくはないみたい。
時間的にも微妙になっていたので、ここで竿を仕舞うことにした。

車まで戻り、宿場に向かう。
途中のコンビニで食材を仕入れ、着いたのは16時半頃だっただろうか・・・・
燻製の仕込みだけして目の前の川でちょっと遊ぶ。

魚がそんなに大きくなさそうだったので針のサイズを落とし、川虫も小さ目を付けてみると早々にアタリ。
ポンポンと2尾釣ったところで今日の釣りは終わり。
s-DSCF1123.jpg
食べ頃サイズ♪

陽が落ちる頃から燻し始める。
遠くにガサガサと音を立てて一瞬現れたのは鹿。
川縁で黄色い花を咲かせている山吹を眺めつつ、夜は更けていくのだった・・・・




釣行日: 4月8日
ヤマメ×5尾、 イワナ系×3尾、 ニジマス×3尾

[edit]

模様替え 

がま渓流ストリームマスタートラウト

その比類なき胴の力で大物の疾走を受け止める云わば剛竿。
竿を曲げに曲げて獲物を獲るの好きな私にとしては非常に魅力的な竿だ。
しかし一つだけ・・・ただ一つだけ納得できない点がある。

それは竿の性能云々ではなく付属品のこと。

いや~・・・・ピンクはどうかと・・・・

s-DSCF1157.jpg
なのでこんなものを購入♪

早速替えてみよう。
すると・・・・・


s-DSCF1159.jpg
before

s-DSCF1158.jpg
after


・・・うん、良いね♪
やっぱりがまの竿は黒が似合うような気がする。

[edit]

小継竿その2 

前回デビューした粋我硬調600。

この竿、結構私好みの竿で魚の引きを竿を曲げて楽しめ、気に入った一竿となった。
河川によっては6m台では微妙、8mでは長すぎ?って場合が経験上あるんだが・・・
所有している碧羅硬調80はマルチで68~74~80と長さはある。
しかし粋我とは竿の強さと硬さが違うので同じようにはいかない。

結論としては・・・・・買ってしまった(笑

s-DSCF1149.jpg
「がま渓流 MULTIFLEX粋我 硬調700」

s-DSCF1152.jpg
600よりちょっと太くなった。
見た目は全く同じ(笑


s-DSCF1151.jpg
やっぱこのデザイン・・・・好きだな♪

[edit]

渓流:美味い塩焼きが食べたい・・・ 

土曜日は仕事だった。
この状態で渓流に行くのも何だか慌ただしいような気もするし、翌日の日曜日は自宅でゆっくりとするつもりだった。

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塩焼きが食べたい・・・
そう思った。

気付けば日付が変わった頃に道具を積み込みエンジンを掛けていた・・・

何時もなら高速を使うところだが、かなり早く勢いで出てしまったので、オール下道で行ってみることにした。
まぁ・・・大丈夫だろう。

やはり夜中の都内は空いている。
適度に信号に掴まる程度で想定より大幅に早く現地入りしてしまった。
なので少し仮眠を取る。

アラームで目が覚める。
時刻は5時過ぎ。
降っていた雨はすっかり上がっていた・・・
s-DSCF1082.jpg
しかし雲はまだ厚く、ヤマメ釣りには丁度良い感じだ。

駐車スペースに止め、装備品一式を纏って渓に降りる。
川辺はヒンヤリとした空気に包まれ、所々水蒸気が上がっている・・・

まずは餌の川虫を採取。
ここのメイン餌はヒラタ。
川に手を入れるが、真っ赤になるほど冷たい・・
まだ小さいものが多いが、そこそこ針に刺せるサイズも確保出来たので仕掛けをセットする。

s-DSCF1101.jpg
餌は鮮度が命。余ったイクラも持参してみた。

s-DSCF1083.jpg
新戦力の入魂も大事な儀式♪

さて、川を改めて見る・・・・
まだまだ開きには魚は出てないだろう・・・・と考え、少しでも深さがある場所を重点的に探っていくことに。
背の中でも石影やちょっとした深み。
そんな場所をピンポイントで探りながら遡行していくと程なくアタリが出る。
ココッ・・・といった感じで小さいアタリ。
s-DSCF1086.jpg
ギリキープサイズ。

今年初めての小渓流ヤマメ。
やはり美しい・・・・・
暫し見とれてからビクに放り込み、次の1尾を求め遡行。

1尾目が上がった直ぐ上の背にある大きめの石の脇を流すと、また小さなアタリ。
竿を立て、魚信が伝わる・・・
先程と同サイズのヤマメ。
s-DSCF1091.jpg
水中写真でどうぞ♪

その先の小さな溜まりではちょっとルアーを投げてみる。
流石に足元まで追ってくる魚影が見えなかったが、高実績のチャートリュースカラーに変えての一投目。
ググッと竿先が引き込まる。

s-DSCF1084.jpg
これは・・・・・リリースサイズ。

その後も少し投げたがカラーを変えても反応が無くなったのでルアーはお終い。
再び餌釣りに戻る。
同じ溜まりで流れ込みから餌を流し、送り込むと反応があったが針掛かりせず。
何回か入れ直し、上手く底に餌を持っていくと・・・・ガツッ!と大きくアタリが出る。
そこそこ魚は大きそうだ。
今回は抜き調子ではなく、普通の硬調竿。
竿の曲がりも全然違い、より魚の引きを楽しめる感じがする。
個人的には抜き調子よりこっちが好きだな・・・・

あんまり魚を遊ばせるのも・・・と思い最終的には抜いちゃいましたが^^
s-DSCF1100.jpg
今日一番かな・・・・25Cm強。

やはり溜まりや淵といった所に魚は溜まっているようで、更にもう1尾追加して遡行再開。
少しの間は浅すぎる背が続き、アタリは無い。

漸く背の中に変化のある場所があったので仕掛けをそこを通過するよう流す。
ゴッ!っと明確なアタリ・・・・と同時に背を下り始めた。
40~50Cm級って訳ではないのであっさり止められたが、竿はきれいな弧を描く。
う~ん、釣って良し見て良しとはこのことですな♪

意外に足元でも抵抗は激しく、タモ入れしたのは24Cm強のきれいなヤマメだった。
s-DSCF1099.jpg
こういう構図って結構良いですな♪


同じ背の中で今度はちょっとした深みを探ってみると小さなアタリ。
結構元気が良かったので・・・
s-DSCF1088.jpg
水中写真その2♪

その後もリリースサイズを交えながらポツポツと釣り上がり、退渓点近くまで釣り上がった。
景色を楽しみながら結構ゆっくりと釣り上がったのでこの時点で11時過ぎ。

今回は夕方には自宅に帰らなくてはならない・・・・
納竿は移動時間を考えて12時過ぎってところかな。
そろそろかなぁ~・・・・なんて考えていたら竿先がお辞儀していた(笑
s-DSCF1097.jpg
かなり色出てますな♪

退渓点前の小さな淵にルアーを投げてみる。
時間的に中途半端なのでここで色々と遊んでみよう・・・・
2投目でガツッっと竿が曲がる。
抜き上げたのは放流ヤマメだった・・・・
サイズは良いんだけどパワーは劣るかな?って感じ。
でも直ぐに反応が無くなる。

今度は餌を流すと小さなアタリが何度か・・・・食い込まない(汗
錘を変え、底をゆっくりと流すと今度は食い込んだ。
s-DSCF1104.jpg
レギュラーサイズ♪

時計をみると12時前。
退渓点から愛車まで歩いて30分弱掛かるので今回はこれにて納竿。
道路まで上がり車を目指す。
途中、地元のお婆さんや子供達と挨拶を交わしつつ・・・・

慌ただしい釣行だったが、楽しい時間だった。
また改めて・・・・今度はじっくりと楽しもう。
s-DSCF1096.jpg
ダイナミックは本流と繊細な小渓流・・・・・どっちも好きだし、捨て難いですね♪



釣行日: 4月3日
ヤマメ ×10尾(他リリース6尾)

[edit]

渓流:今期の始まり 

今期の始まりは解禁から少し時間をおいた3月26日。
この半年は長かった・・・・
そう!夢の中で竿を振るほど欲が溜まっていたのだ。

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・さあ、出発しよう。
s-DSCF1049.jpg
ちょっと早目に出発♪

深夜の首都高はガラガラで快適に愛車は進む。
現地には2時間ちょっとで到着。
s-DSCF1050.jpg
始まりは今年も約束の地で・・・・

新しく戦力として揃えたエキスパート碧羅硬調80を伸ばして仕掛けを付ける。
錘は・・・・4号で逝ってみようか?
餌となる川虫は豊富に捕れ、クロカワ虫を針に刺し仕掛けを入れる流れを見つめるが・・・・

大きな減水の跡が石に刻まれている。
ん?・・・こりゃごく最近結構な増水した後か??

魚が流されたりして付き場が変わっているかもしれない・・・・

ま、仕掛けを入れてりゃ傾向もハッキリするだろうと2016年の渓流初実釣を始めた。

仕掛けを暫く入れ続けても全くアタリが無い(汗
こりゃ本当に付き場が変わっているようだ。
時期的にも浅い場所は居ないだろうから、特に水深があり、かつ石の際をねちっこく流すと漸く小さなアタリ。
s-DSCF1051.jpg
今期初の渓魚はイワナ。

鰭の状態からして最近の放流ものだろう。
大きさは27Cm強ってところか・・・・

魚をビクに放り込み釣り上がるも、その後もサッパリと当らず。

・・・・・・ならばと踵を返し下流部の深い落ち込み周辺を重点的に攻めてみることにした。

錘を1号に替え、流れに馴染むように仕掛けを流す。
そろそろ回収かな?って位置でかなり小さくコンッ!というアタリ。
アワセを入れ、新しい竿の曲がり具合を確認しつつ魚をタモまで誘導して無事に捕獲。
s-DSCF1052.jpg
・・・・ヤマメ?

しかし細い・・・・
色も全く出ておらず、一瞬ニジマスと見間違えてしまった。
この後、同じ流れの筋からイワナが連発し、4尾を追加。
更に流すとアタリが無くなったのでもう一つ奥の流芯に近い流れに仕掛けを入れる。

馴染んで少し流すと今度はゴンッ!っと明確なアタリがきた。
s-DSCF1054.jpg

引きもトルクがあり、大いに楽しみつつ寄せるも流れに乗ると大きく竿が絞られ非常に楽しい♪
水面を割ったのは案の定、ニジマス。
s-DSCF1055.jpg
型は30Cmチョイだが、楽しませてもらった。

それから同じ筋を流してみると強いアタリが多い。
大きく竿を曲げ、疾走する魚を止める時が本当に面白い♪
s-DSCF1058.jpg
ニジマス37Cm位。

もういっちょ♪
s-DSCF1059.jpg
ニジマス38Cm位。

何本か立て続けにニジマスを確保したが、流石にアタリが遠のいたので再び最初に流してみる・・・・
s-DSCF1060.jpg
いや~・・・癒されますな。

枝葉の付いていない広葉樹をみるとまだまだ川は冬の装いが強いのだろう。
なんだかんだで気づけば12時になろうとしている・・・昼食を食べながら山の雰囲気を大いに楽しんだ。

午後は大きめの流れ込みから始めることにした。
流すと小さくアタリが出るので、食い込ませるまで待ってからアワセを入れるとやや小振りかな?って魚が水面から飛び出した。
s-DSCF1063.jpg
ヤマメ。ちょっと色付き始めてたな・・・・

餌を小さ目のクロカワ虫に変え、更に打ち込みを繰り返すと引っ手繰るようなアタリを出してヤマメが再び。 

s-DSCF1066.jpg
色はあれだけどやっとヒレピン♪

よくよく時計を見れば時刻は15時前であり、この時点でビクは結構満タン状態。
燻製の材料も確保は出来ているので今回はここで川から上がることにした。
もっと竿を振りたい気もするけど・・・・

久しぶりの川歩きでちょっと疲れていたかもしれない。


s-DSCF1069.jpg
これは途中経過・・・ですな。


釣果と道具を車に積み、途中コンビニに寄ってから某所を目指す。
到着したら準備をしてから時間潰しに少しだけ竿を出してみた。

・・・・・魚が小さいのか餌を齧られただけで終わってしまった(汗
18時前に燻製作りをスタートさせる。
s-DSCF1075.jpg
組み立てて・・・・
s-DSCF1078.jpg
吊り下げて・・・・

ひたすら燻す♪
2時間半ほどで完成し、一旦車中で仮眠を取る。
起きたのが0時前で朝からの釣りはどうしようかと暫し思案したが・・・・・今回はこれで帰宅することにした。

また次週・・・・これからが本番ですな♪

色々な渓に今年は行ってみたいと思う。


s-DSCF1080.jpg
良い出来栄えでございます♪




釣行日: 3月26日
ヤマメ×3、イワナ×5、ニジマス×7

[edit]

次女 

DSC_0101.jpg

今月の中旬に第三子となる次女が生まれた。
嫁さん、お疲れ様でした・・・・


「やっと顔を見れたね。ようこそ、新しい世界へ」

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。