04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

房総港:脂を求めて東へ北へ 

今年最後の川から舞い戻った某日・・・・

脂を求めて房総の海に居た。
s-RIMG0945.jpg
・・・久し振り♪

到着はまだ夜も明けぬ4時半(笑
フカセでこってりなカイズ様をサクサクっと釣ってしまおうと目論んで、徐々に明るくなってくる中でせっせと準備。
前に下見だけはしていたので、仕掛けや釣り方は大体のイメージは出来てる。
コマセを作って竿を伸ばして・・・・

・・・投っ!!!!!

本日はTAKAさんとSYさんも来ているハズ・・・・
ってTAKAさんの姿は見えない。
メールじゃ着いてるはずなんだが・・・

そんな時にSYさんが到着し、程なくTAKAさんの居場所も解った(笑

肝心の魚はというとなかなかアタリ無し・・・・
隣のSYさんが早々に釣ってしまい、内心焦ったが程なくウキが潜って・・・
s-RIMG0941.jpg

s-RIMG0942.jpg
釣れた!

型は30Cm位とまさにカイズ様。
そういや、昼のフカセでカイズ釣ったのって・・・・・何時以来だろうか?
思い起こしても記憶に無い。

s-RIMG0943.jpg
本日のポイント。


それから時間を置かずに再度アタリ。
s-RIMG0946.jpg
・・・もういっちょ同サイズ!

しかし、徐々にアタリが遠くなってきた。
潮も下げて来ているし気配が無い・・・
そんな時にモゾモゾしたアタリ。
s-RIMG0947.jpg
足裏未満のブト様。

何時もならリリースするんだが・・・・・ここは木端ですら美味いという。
ならば・・・・持ち帰って喰うしかないだろう♪

今回は鬼となる(笑

しかし・・・・この考え方が良くなかったのか、この後は全くアタリが無くなり頃合いを見て終了。
帰られるSYさんを見送ってから、後程の合流を確認してTAKAさんより先に北上して夜釣り場に向かう。

途中のスーパーで餌買って、のんびり走って到着。
仕掛けを準備していたらゴリさん見かける♪
メールで所在を連絡したら戻って来てくれたので暫し海辺の川トーク(爆

頃合いになりゴリさんはHUTさんに合流する為に別れ、私は一人仕掛けを入れる。
アタリは開始早々出るんだが・・・・・乗らん!

s-RIMG0949.jpg
今回は欲望控えめの2本出し♪

開始から2時間近く経ってようやく明確なアタリ。
s-RIMG0948.jpg
釣れた!

長さはそこそこだが、太さはゴン様級な一本。
その後TAKAさんも合流し、のんびりと竿を出すもTAKAさんが1本上げた所でアタリも無くなった。

潮時かな・・・・と他で竿を出している皆様に帰宅&健闘祈願メールを送って帰路に着いた。





釣行日: 10月24日
釣果: カイズ 30~31.6Cm ×2尾
     メジナ 24Cm ×1尾
     アナゴ 59.5Cm ×1本
スポンサーサイト

[edit]

房総港:別れの前に・・・ 

何を釣るか・・・・

この時期は本当に悩む。
釣り物が多すぎて悩むなら嬉しいことだが、その逆だ。
お手軽なものと言えばメジナかアジ。
家族のリクエストもあって今回は早いタイミングで外房のアジに決めた。

週末の夕方、外房の某漁港に車を停めた。
駐車スペースを見ればあの車が・・・
堤防に向かうとサーフさんの姿があった。

聞けば釣れているが小型が多いそうな・・・

私も道具を運び、早速仕掛けを入れてみればウキが中途半端な動きをしている?
回収してみればこれまた見事な小鯵が・・
それでもポツポツとレギュラーサイズが喰ってくるのでレギュラーサイズだけキープする。
時間が経てばやがて小型は喰わなくなり、レギュラーサイズだけになって来た。
食いも上がったか、三本針にトリプルも多数。
s-IMG_0007_20150309004746b5f.jpg
ポンポン釣れるんで速攻でツ抜け。


順調に釣れていたんだが・・・・天候が怪しくなってきた。
途中、釣友のブルーボルボさんも様子を見に来られて暫し歓談を交わす。

再び釣りに集中し、仕掛けを打ち返す頃には40尾は超えただろうか?
色々とお品書きを頼まれているのでもう少し数が欲しい・・・
空が泣き出すまでもう少し。

それから暫くしていよいよ空が泣き出した。

・・・・・潮時だろう。

コマセもほぼ使い切った。
最後のコマセを詰めて仕掛けを投入し、その間に道具を片づける。
投げっぱなしの仕掛けを回収してレギュラーサイズを最後に追加してこれにて終了~
隣のサーフさんも撤収の様だし。
二人して撤収し、駐車スペースで暫し話込んでから泣きっ面の空を見上げ・・・帰路に着いた。

s-IMG_0011.jpg
結構釣れました♪


そろそろ山が呼んでいる・・・・今度海に来るのは梅雨時かな・・・・


釣行日: 3月6日
釣果: マアジ 13~25Cm ×55尾

[edit]

湾奥:混沌の中へ・・・ 

年末年始休暇に入った27日。

会社の同僚&嫁のリクエストに応じて湾奥のメンコ釣りに。
毎年激混みとなる釣り場だけに早朝から出掛け、釣り座を確保。

暫しまったりしてメンバーの到着を待つ。
s-IMG_0001_20141228221251816.jpg
今年の欲望は竿4本分(笑

天候良好なれど風強し・・・
そんな頃に会社の同僚SさんとTAKAさんが到着し横に釣り座を構えた。
Sさんは初めてなので一通りの事をレクチャーし、後は自由にやってもらう事にした。

陽が落ちてからの釣りなので、一応竿は出すもアタリは無し・・・

時折どこかでポツンと上がっているようだ。

午後になりじゅんぞうさんも参戦。
ちょっと離れた場所に釣り座を確保されたとのこと。
その間にも続々と釣り人が押し寄せてくる・・・・
s-IMG_0002.jpg
ここはブレンドな世界・・・

太陽が西に沈む頃、回収しようとした仕掛けに違和感が・・・
s-IMG_0005.jpg
メンコ。但しスレ掛かり・・

しかし意外にアタリが無い。
元々待ちの釣りであるのは解っているが・・・・こもアタリが無いと正直暇だ(笑
早くもダメダメ感が漂い始めた頃にSさんの竿に明確なアタリ!

・・・・が、肝心の本人が見ていない。

回収してみては?と促し海面を覗きこむと・・・
30Cm級のダブル。
これにテンションも上がったが・・・・

再び沈黙が辺りを支配してしまった。

撤収時間まであと1時間程となった23時前。
私の竿の鈴が明快に鳴った♪
s-IMG_0006_20141228221255507.jpg
本日2枚目。33Cm位。

その後は周囲でポツポツ上がるも追加はならず撤収時間となったので三人で道具を仕舞い、もう少し粘るというじゅんぞうさんとSYさんに挨拶をし撤収とした。

しかしこの釣り場・・・次行くことあるかなぁ・・・?


釣行日: 12月27日
釣果: マコガレイ 26~33.2Cm ×2枚

[edit]

房総港:ひさびさに・・・ 

家族からアジが食べたいとのリクエストに応えて今回は久々に外房釣行。

仕事を終えてから大多喜街道を下り、ちょっと遅めに現地入り。
堤防上には釣友が数人竿を振っている。

s-IMG_0069_20141216212225275.jpg
背負籠は堤防でも活躍♪

s-IMG_0070_20141216212229a3a.jpg
外房アジはこの竿で♪


早速、仕掛けを入れてみるも結構渋い・・・
こりゃヤバい。
空っぽで帰るわけにはいかないので、心を鬼にして周囲よりそこそこ遠投する。
暫くするとポツポツとアタリが出始め、スローペースながらアジが釣れる♪
s-IMG_0072_201412162122260f1.jpg
レギュラーサイズ。

夜中はず~っとこのペースで拾い釣り。
明け方に期待して竿を振るが結構眠くなってくる(汗

やがて期待した明け方が・・・
s-IMG_0074_20141216212228170.jpg
綺麗ですな♪

しかし、群れは回って来なかったみたい・・・
周囲もほぼ沈黙。

この状況では粘っても無駄なので、さっさと道具を片づけて撤収。
釣友に挨拶をして帰宅しましたとさ・・・
渋かったが久々に会う釣り友との一時は楽しかったなぁ~
s-IMG_0073_20141216212231ee2.jpg

釣行日:10月17~18日
釣果: マアジ 18~22Cm ×31尾

[edit]

房総港:夜の港でグダり続けた一晩 

1月24日(金)・・・・

通い慣れた館山道を私は走っていた。
しかし、途中で館山道を降り、一般道をのんびりと走る・・

ポツリポツリと忘れ去られたように佇む街灯の灯りだけが道を照らしてくれる山道を暫く走り、やがて民家の灯りが増えてくる。
更に進むと街の灯りが賑わいを見せていた・・

私はその賑やかな灯りを通り過ぎ、潮騒と暖色灯が支配する場所に愛車を停めた。

暖房が効いていた車外に出てもこの日は寒くなかった。
天気予報では桜が咲く頃の陽気だとか・・・
私は背負籠に道具一式を入れ、漆黒が支配する海辺に向かった。

釣り座となる所が一望できる地点まで歩を進め、先行者の有無を確かめる。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・居ない。
私はそのまま歩を進め、釣り座を構えることにした。
今回の目的はとある軟体動物の調査・捕獲だ。
s-IMG_0256.jpg
こんなの使います♪

軟体動物用の竿なんて持っていない私は、明らかに使い所が間違っているであろうファインフォースを伸ばし仕掛けを作る。
んで・・・餌を巻き付け、適当に放り投げる。
何もかもが手探りなので仕方ない。
これだけだと速攻で飽きそうなので、カゴも投げてみる・・・・

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん??

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
ウキに変化があったように見えた。
回収してみれば・・・
s-IMG_0257.jpg
こんばんわw

クッ!・・・・
小さい、小さ過ぎる!
こいつは海辺のアイドルへの貢物に取っておこう。
時折軟体動物の仕掛けを打ち返し、カゴに興じていた時に豚さんが到着し連絡が入る。
その少し前に軟体動物狂の知り合いに連絡を取っていた。
聞いてみればそこはダメそうなんで、反対側に行けと言っていたので豚さんにその旨を伝え、この場所を撤収した。

豚さんが待つ場所まで戻り、一緒に近くの突堤に釣り座を構え直す。
・・・・・・・ん!?
ニャンニャンと鳴きながら海辺のアイドルもご登場だ♪

ここから二人と1匹のグダな釣りが始まった・・・

軟体動物用の仕掛けを先ほどの狂人からのアドバイスを信じて投げて放置・・・
足元に擦り寄るアイドルに先ほどの豆アジを捧げつつ、豚さんのエキサイティングな新釣法の実演に見入る。
時折風と潮に流された仕掛けを回収⇒再投入する以外は竿は立掛けた状態で放置し、ウキすら見ていない(笑
アイドルへの貢物が底を付いた頃・・・二人揃って心は別の場所に囚われていた。
そして自分でも驚くほどあっさりと見切りを付け道具を片付けた。

豚さんお勧めの麺屋にて夕食を摂る予定だったが、生憎営業時間が終わっていたのでそのまま目的地に向かってハンドルを切る

途中のコンビニに寄り、車から降りると豚さんは誰かと話している!?
改めて紹介され、その人が昨年カオスな外房港でお会いしていた☆にょろりさんだと気付いた(汗
あの時は夜間&顔をまともに見れないほどの悪天候だったのでご容赦を・・・
状況を聞けば○○と○○○は釣れているそうだ。
暫しの話の後、☆にょろりさんは仮眠を取りに・・・・私と豚さんは色々と見てみることにした。
アチコチを見つつあ~だこ~だと言いながら最終的には某堤防に落ち着いた。
先行者のバケツを見てみれば小アジが2匹ほど申し訳なさそうに泳いでいる・・・・
最低限の道具立てで再び入堤し、黒斬を伸ばす。
フカセでアジを釣ろうとの目論見で、豚さんも先程見せてもらった新釣法で遊ぶと言う。
が、・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
釣れん。いや、マジで。
先端はポツリポツリと釣れているが、こっちは全くの反応無し(汗
少し投げてみるかと考え、カゴ仕掛けに変えてみる。
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
それでも渋いことには変わりなかったようで・・・・忘れた頃にウキが入るって状況だ。
豚さんもアタリがあったとテンションが上がっていたが、それは海棲鯰によって打ち砕かれたようだった。
何だかんだでグダって数時間・・・
あと少しで東の空が明るくなろうかという頃にしっかり寝てきた☆にょろりさんが復帰し、代わりに豚さんが制限時間一杯という事で帰宅された・・・・

空もかなり明るくなって来た。
何時の間にか釣り人の数も増え、皆がサビキを投げてアジ迎撃戦線を構築している。
私はカゴからシンプルなサビキオンリーの仕掛けを交換し、左右に被らないように投げた。
着底して誘いを入れながら寄せて来ると直ぐにアタリが出る。

ん!?・・・

この引きは・・

アジ。

サビキにアジが3連でくっ付いて来た。
s-IMG_0263_20140127222801a40.jpg
アジ・・もういいですな。

時折、アジが掛かって来るが、周囲でコマセを大量に入れているのでその後は掛からなくなった。
そして着底の誘いを入れた時に一際大きな重量感が来た。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
s-IMG_0265.jpg
釣れた♪

1尾掛ければ傾向が見えてくる。
その後はほぼ1投1尾でカマスちゃん♪
但し・・・・99%スレ掛かり(笑

なので魚体以上に重く感じる。
平均的には30Cm前後が多いが、時折35Cmオーバーも・・・やっぱりスレで上がる。
s-IMG_0266.jpg
良型は太っております♪

途中でサビキを変えてみたりして順調に数を伸ばす。
干物も作りたいので少々多めに持ち帰りだ♪
それでも・・・・
s-IMG_0269.jpg
釣り過ぎた(汗

8時半過ぎには同じく釣り過ぎた感を漂わせている☆にょろりさんと共に撤収。
その後シーサイドパークに一緒に行き、仲良く下処理&釣師トーク(笑
一通りの作業を終えて揃って帰路に着く。
s-IMG_0267_20140127222824164.jpg
豚さん、☆にょろりさん、お疲れ様でございました♪


釣行日: 1月24~25日
潮汐: 
釣果: マアジ 11~24Cm ×27尾
    カマス 29~35.6Cm ×35尾

[edit]

房総港他:初釣りは小物でグダグダ 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

[edit]

trackback: -- | comment: --

某埠頭:グダってメソ♪ 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

[edit]

trackback: -- | comment: --

房総港:意外な再会 

この釣行の前・・・・
実は磯に二晩連続で立ち、メジナを釣りまくった。
釣りまくったが故に・・・・流石にちょっと飽きた(笑

11月15日(金)
この時の週末もメジナにしようかと考えていたんだが、無性にアジフライが食べたくなった。
嫁さんからも最近アジの水揚げが極端に少なく、甚だ遺憾だと意見が上がったので久し振りにアジ一本でやることにした。
s-IMG_0261.jpg
今回も下道一本♪

職場を上がり、そのまま一般道を南下し外房の港に向かう。
最初に訪れたのは外房ホームの港で先行者は無し。
なので、道具を担いで入堤しカゴを投げてみたが・・・・

釣れんっ♪

荒れ気味なので潮も早く、魚が喰うタイミングが無い。
1時間弱仕掛けを入れ続けたが結局はコマセと体力を浪費しただけで終わった。
さて・・・何処に行こうか??
あんまり移動するのも面倒なので、隣の漁港で朝までマッタリやることにした。
駐車スペースに着いて見れば大型車等数台が停まっていたので、手ぶらで様子を見に行くことに・・
先端の釣師に状況を聞いてみれば・・・・

・・・・あれ?

その特徴的なスタイルはあの方ですかな??

案の定、声を掛けられたが一発目はワザとスッ惚け(笑
直ぐに挨拶をし、釣り仲間kaiさんとの久方振りの再会を喜んだ。
聞けばまだ始めたばかりとのことで、状況が読めなかったんだがここに腰を据えることにした。
道具を運び込み、釣り座を構える。
s-IMG_0263.jpg
寒くなってコマセもカチカチ♪

時刻も気付けば21時を過ぎている・・
ここから暫く仕掛けを入れ続けたが、案の定沈黙が続く。
夜中釣れない時はとことん釣れない釣り場だ・・・・こりゃ朝方だな・・・
と言うことで、夕食を摂る事にした。
暫しkaiさんの大型快適車輌内にてカップ麺を胃に流し込みつつお互いの近況等の話題に花を咲かせる。

2時間弱話し込んで釣り座に戻る。
まだ釣れないと思うが竿を振る・・・・・
現時点でバケツに入っているのは・・・・・
s-IMG_0267.jpg
これだけ(笑

kaiさんの釣友O氏も加わり朝方まで辛抱の時が続くのだ♪
北風ピューピュー耐えること数時間・・・・薄らと空が明るくなってきた。
s-IMG_0268.jpg
海面も徐々に見えてきたぞっ♪

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
大分、明るくなった。
s-IMG_0271.jpg
さて、ここからが本番。

ここまでもポツポツと釣れてきたが、思い切って超久し振りにサビキに切り替える。
投入してコマセを振り出せば直ぐにウキが入る。
結構な重さを感じつつ抜き上げれば25Cm前後のアジがダブルで付いている。
s-IMG_0274.jpg
釣れた♪


ここから入れ食いとまではいかないが、かなりハイペースで釣果を追加。
型はバラバラでレギュラーサイズから良型まで交じって来る。
s-IMG_0273.jpg
バケツにどんどん溜まる。

お隣のkaiさんやO氏も快調に釣果を伸ばしている。
私は途中から我夢者を伸ばして泳がせてみたが・・・・・・これは不発だった。
水平線からすっかり陽が昇った8時過ぎ。
食べるだけの釣果は得られたので竿を畳む。
途端に周囲の釣り人が後に入っていいかと聞いてくる。

何故なら・・・・

我々の前だけ入れ食いだから♪

後発の釣り人に釣り座を譲り撤収・・・・
移動して三人で朝食を囲み、暫し歓談を交わして初冬の外房を後にした。

s-IMG_0287.jpg
潮汐: 中潮⇒大潮
釣果: マアジ 20~27Cm ×30尾弱

[edit]

某埠頭:秋のグダ釣り、湾奥の祭典 

台風が駆け足で過ぎ去って行ったいつだかの週末・・・

南房や外房ではなく、グダっと出掛けてみた。
家事を済ませてからのんびりと出発♪
s-IMG_0186.jpg
下道ですぞっ♪

s-IMG_0188.jpg
着いたのはこんなトコ。

どうも釣れている場所が解らなかったので、まずはアナゴ狙いで竿を出す・・・が直ぐに豚さんから入電。
どうやら獲物が爆ってるようだ。
それじゃ・・・と言うことで直ぐに移動。

ちょっと迷ったが無事に着いたと同時にゴリさんとHUTさんも来られた。

釣り場に行ってみれば結構な人出で・・・獲物も釣れてる♪
先に竿を出していた豚さんとのこさんは完全分業制で異質な空間を作り出していた。
早速、ブルズアイに100円サビキと場違いな仕掛けを入れると・・・・・・
s-IMG_0189.jpg
直ぐ釣れる♪

思ってたより型が良い。
概ね25Cm前後が竿を曲げてくれる。
そしてコマセを撒けば海中には大量のイワシが群がってくる。
・・・・どんだけ居るんだ??

あまりに直ぐ釣れるのでちょっと飽きてきた(汗
そんな時にゴリさんから・・・・
s-IMG_0190.jpg
スウィーツ頂いた♪

こいつを平らげてもう一踏ん張りと思ったが・・・・
s-IMG_0192.jpg
やっぱり飽きた(笑

そんな所に海おとこさんが登場~
先行者が飽き気味のところにやる気満々の漢が一人・・・
竿を出して釣る以上のペースでクーラーが埋まってくるのは必然と言うべきか(笑

途中、3.6mのノベ竿に切り替えて引きだけでも味わおうとやってみたが、数回でやっぱ飽きてしまい後は完全放置だ♪
暫し皆と話し込み、釣りを見ていたらポツポツと空が泣き始め、やがてそれは大泣きとなった。
それから自然な流れで釣り場を撤収し、皆に挨拶をして帰路に・・・

イワシ釣り・・釣れるのは良いがこりゃ釣れ過ぎ。
もう十分だな(笑
s-IMG_0200.jpg
海中はイワシの絨毯だった・・


釣行日:10月26~27日
潮汐: 小潮
釣果: マイワシ 25Cm前後 ×33尾

[edit]

房総港:荒れ荒れ荒れれ 

台風が過ぎ去って数日後、短時間ながら竿を出すのが可能となったのでまたまた海に行って来た。
翌日は仕事だったし、海も荒れが残っているだろうから・・・
と考えて外房に向けてハンドルを切る。
s-IMG_0085.jpg
大多喜街道を走るのも久し振り♪

・・・・・・
初めに某漁港に様子を見に行ったが、ウネリに進路を阻まれ速攻で退避(汗
次に向かった港では釣友のこばちゃんとアジビキさんが竿を出していたので暫し話し込み、カゴを投げる場所を探して彷徨うことに・・・
s-IMG_0088.jpg
竿を伸ばしていないのに何故かアジが(笑

結局は荒れ時に強い漁港に落ち着き、釣り座を遠望すると釣り人は居たが既に撤収するようだ。
入れ替わりといった感じで道具を運び込み釣り座を構える。
ウネリはかなり残っていて濁りも強い。
アジ向きの海況じゃないな・・・
s-IMG_0092.jpg
今回の竿はコレだ!

嫁さんの竿を引っ張り出してきた(笑
2号竿なので、引きも楽しめる。
元々釣果も期待できない状況なので、せめて釣味位楽しもうって訳だ。
一通りセッティングも終わり仕掛けを投げる。
ここは暗い内に喰う時と喰わない時がハッキリしている釣り場。
朝マヅメがメインとなるんだが、翌朝は仕事なのでそれは無理だろう・・・
食ってくれたら助かるんだが・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
s-IMG_0093.jpg
現実とはこんなものだろう。

初っ端から怒涛のフグ様ラッシュ!
辟易していたらお隣さんが現れて二人で暫し竿を振る・・・
が、相変わらず釣れるのはフグ様だけだ。
やっぱり餌が・・・
s-IMG_0099.jpg
二年前に買ったオキアミが原因なのか??

北風が徐々に強くなり体感気温もグッと下がってくる。
そこに若い娘さんを釣れた男性がやって来た。
これは珍しい・・
堤防上がこれで4人となり、少し賑やかになって来た。

そして忘れた頃に・・・・
s-IMG_0097.jpg
アジ釣れた♪

しかし、後が続かずフグ様が屯しているようで付け餌だけは投入毎に失敬される。
その内にそのアタリすら無くなったので、釣り座を撤収して仮眠を取ることにした。
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・

そして目が覚めたのは2時過ぎ。
残り時間は3時間ちょっとか・・・
暗い内は状況も変わらず、唯一変わった点と言えば釣り人の数が倍になっただけ(笑
徐々に東の空が明るくなってくると海中の濁りが見えてくる。

そして周りにアタリが出始めたが・・・・・

これから仕事なので撤収じゃ!

周囲に活気が出てくる中、一人だけ撤収準備。
・・・・・・・・う~ん、空しい。

黄金色に輝く旭日は実に美しい・・・・
そんな陽の光を一身に浴びて帰路に着いた。
s-IMG_0103.jpg

釣行日: 9月某日
潮汐: 小潮
釣果: マアジ 20Cm前後 ×2尾
    フグ様 ×多数

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。