01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

房総港:夜の港でグダり続けた一晩 

1月24日(金)・・・・

通い慣れた館山道を私は走っていた。
しかし、途中で館山道を降り、一般道をのんびりと走る・・

ポツリポツリと忘れ去られたように佇む街灯の灯りだけが道を照らしてくれる山道を暫く走り、やがて民家の灯りが増えてくる。
更に進むと街の灯りが賑わいを見せていた・・

私はその賑やかな灯りを通り過ぎ、潮騒と暖色灯が支配する場所に愛車を停めた。

暖房が効いていた車外に出てもこの日は寒くなかった。
天気予報では桜が咲く頃の陽気だとか・・・
私は背負籠に道具一式を入れ、漆黒が支配する海辺に向かった。

釣り座となる所が一望できる地点まで歩を進め、先行者の有無を確かめる。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・居ない。
私はそのまま歩を進め、釣り座を構えることにした。
今回の目的はとある軟体動物の調査・捕獲だ。
s-IMG_0256.jpg
こんなの使います♪

軟体動物用の竿なんて持っていない私は、明らかに使い所が間違っているであろうファインフォースを伸ばし仕掛けを作る。
んで・・・餌を巻き付け、適当に放り投げる。
何もかもが手探りなので仕方ない。
これだけだと速攻で飽きそうなので、カゴも投げてみる・・・・

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん??

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
ウキに変化があったように見えた。
回収してみれば・・・
s-IMG_0257.jpg
こんばんわw

クッ!・・・・
小さい、小さ過ぎる!
こいつは海辺のアイドルへの貢物に取っておこう。
時折軟体動物の仕掛けを打ち返し、カゴに興じていた時に豚さんが到着し連絡が入る。
その少し前に軟体動物狂の知り合いに連絡を取っていた。
聞いてみればそこはダメそうなんで、反対側に行けと言っていたので豚さんにその旨を伝え、この場所を撤収した。

豚さんが待つ場所まで戻り、一緒に近くの突堤に釣り座を構え直す。
・・・・・・・ん!?
ニャンニャンと鳴きながら海辺のアイドルもご登場だ♪

ここから二人と1匹のグダな釣りが始まった・・・

軟体動物用の仕掛けを先ほどの狂人からのアドバイスを信じて投げて放置・・・
足元に擦り寄るアイドルに先ほどの豆アジを捧げつつ、豚さんのエキサイティングな新釣法の実演に見入る。
時折風と潮に流された仕掛けを回収⇒再投入する以外は竿は立掛けた状態で放置し、ウキすら見ていない(笑
アイドルへの貢物が底を付いた頃・・・二人揃って心は別の場所に囚われていた。
そして自分でも驚くほどあっさりと見切りを付け道具を片付けた。

豚さんお勧めの麺屋にて夕食を摂る予定だったが、生憎営業時間が終わっていたのでそのまま目的地に向かってハンドルを切る

途中のコンビニに寄り、車から降りると豚さんは誰かと話している!?
改めて紹介され、その人が昨年カオスな外房港でお会いしていた☆にょろりさんだと気付いた(汗
あの時は夜間&顔をまともに見れないほどの悪天候だったのでご容赦を・・・
状況を聞けば○○と○○○は釣れているそうだ。
暫しの話の後、☆にょろりさんは仮眠を取りに・・・・私と豚さんは色々と見てみることにした。
アチコチを見つつあ~だこ~だと言いながら最終的には某堤防に落ち着いた。
先行者のバケツを見てみれば小アジが2匹ほど申し訳なさそうに泳いでいる・・・・
最低限の道具立てで再び入堤し、黒斬を伸ばす。
フカセでアジを釣ろうとの目論見で、豚さんも先程見せてもらった新釣法で遊ぶと言う。
が、・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
釣れん。いや、マジで。
先端はポツリポツリと釣れているが、こっちは全くの反応無し(汗
少し投げてみるかと考え、カゴ仕掛けに変えてみる。
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
それでも渋いことには変わりなかったようで・・・・忘れた頃にウキが入るって状況だ。
豚さんもアタリがあったとテンションが上がっていたが、それは海棲鯰によって打ち砕かれたようだった。
何だかんだでグダって数時間・・・
あと少しで東の空が明るくなろうかという頃にしっかり寝てきた☆にょろりさんが復帰し、代わりに豚さんが制限時間一杯という事で帰宅された・・・・

空もかなり明るくなって来た。
何時の間にか釣り人の数も増え、皆がサビキを投げてアジ迎撃戦線を構築している。
私はカゴからシンプルなサビキオンリーの仕掛けを交換し、左右に被らないように投げた。
着底して誘いを入れながら寄せて来ると直ぐにアタリが出る。

ん!?・・・

この引きは・・

アジ。

サビキにアジが3連でくっ付いて来た。
s-IMG_0263_20140127222801a40.jpg
アジ・・もういいですな。

時折、アジが掛かって来るが、周囲でコマセを大量に入れているのでその後は掛からなくなった。
そして着底の誘いを入れた時に一際大きな重量感が来た。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
s-IMG_0265.jpg
釣れた♪

1尾掛ければ傾向が見えてくる。
その後はほぼ1投1尾でカマスちゃん♪
但し・・・・99%スレ掛かり(笑

なので魚体以上に重く感じる。
平均的には30Cm前後が多いが、時折35Cmオーバーも・・・やっぱりスレで上がる。
s-IMG_0266.jpg
良型は太っております♪

途中でサビキを変えてみたりして順調に数を伸ばす。
干物も作りたいので少々多めに持ち帰りだ♪
それでも・・・・
s-IMG_0269.jpg
釣り過ぎた(汗

8時半過ぎには同じく釣り過ぎた感を漂わせている☆にょろりさんと共に撤収。
その後シーサイドパークに一緒に行き、仲良く下処理&釣師トーク(笑
一通りの作業を終えて揃って帰路に着く。
s-IMG_0267_20140127222824164.jpg
豚さん、☆にょろりさん、お疲れ様でございました♪


釣行日: 1月24~25日
潮汐: 
釣果: マアジ 11~24Cm ×27尾
    カマス 29~35.6Cm ×35尾
スポンサーサイト

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。