03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

渓流:小春日和の中で流れを見つめる 

本格的な春の訪れと共に届いた一つの招待状・・・・

それは通い慣れた海への切符ではなく、新緑の息吹が咲き乱れる山への切符。

まだ日が昇る前、今回のメンバーの一人である豚さんと合流し、高速を何時もと反対方向に走る。
当然ながら私は土地勘が全く無い場所なので、豚さんにナビゲートをお願いした訳だ。
道中色々と話に花が咲きつつも慣れぬ道を走り、待ち合わせ場所に着いた。

途中で見た富士山は普段見るより大きく見え雄大だった。

どうやらまだ教官のお二人は到着していないようなのでコンビにで食料を買込み、続いて地元の釣具店にて仕掛けの補充と一日券を購入。
一通り品物に目を通してから店外に出ると本日の教官であるゴリさんとHUTさんとバッタリ♪

駐車場で少し話してからいよいよ釣り場に移動・・・
この時点で既に心拍数が上がってる(笑
何とか限られたスペースに車を停め、入渓の準備。
持ち込み点数が磯に比べて少ないとは言え、初めてなので忘れ物が無いか入念にチェックだ♪

あぜ道を進み目の前に広がるのは・・・
s-RIMG0804_2014041321255818f.jpg
うはっ!テンションが上がる♪

何だろう・・・海とはまた違った癒され方だ。
急な斜面を下り、実釣スタート地点まで到達して空気を思いっ切り吸い込む。
山の空気だ・・・

渓流釣りが人生初めての私、次に皆が何するだろうと様子を見ていたらまずは餌取りとのこと。
網を使ってもいいし、タオルでも取れるそうだ。
タオルでやってみたがちょっとコツがいりそうだったので無難に網を使って餌を取ることにした。
茶色くて平べったい虫は昔川遊びで取ったことがあるのでそんなに驚かなかったが・・・・

クロカワ虫には驚いた(汗

正直、始めは触るのもちょっと躊躇ったが慣れてしまえばあの感触が心地良い?
因みにこんな可愛い魚も獲れた(笑
s-RIMG0805.jpg
カジカ。飼育サイズの可愛いハゼ科の魚。

さて・・・餌を必要な分だけ獲っていよいよ竿を伸ばす。
今回の為に買った55-60の渓流竿・・・
一通りセットしてまずは仕掛けの振込み方からゴリさんにレクチャーを受ける。
仕掛けがとにかく軽いので狙った場所に入る率は50%以下ってところ。
何回か流したがこっちの筋が良いかもという事で狙いを変更して何とか振り込む。
その間に魚の着く場所や条件、流れの見方、餌の食い方、仕掛けの流し方等色々と教わる。
仕掛けがある地点まで流れて目印が少し違った動きをしたのと同時に手元に微かな感触が・・・・

竿を立てると小気味良い引きが伝わり竿が曲がる。
0.4号というラインが極端に細いということが頭から離れず、異常な位に慎重な竿捌きで寄せるのも一苦労?
慣れぬ手付きでタモ網に収めたのは・・・・
s-RIMG0807_20140413212601f58.jpg
いきなりヤマメ・・・キター!!

流線型のキレイな体型に各所に彩られた朱やオレンジ色・・・ヤバイ、美し過ぎる(汗
私は十分綺麗だと思っていたが、ゴリさんHUTさんが言うにはこれでもまだまだ色が出ていないらしい・・・
そして直ぐに内臓を出してビクに放り込む。
渓流では釣ったら直ぐに処理、これが鉄則とのこと。
帰ってからも楽なので一石二鳥といったところだ。

ゴリさんが自分の釣りに戻ってからは一人竿を振る。
色んな場所に仕掛けを入れ、流れを見ながら仕掛けの流れ方と魚の着いて居そうな場所を探っていくがなかなかアタリは無い。
最初はこんなもんでしょ・・・と思いつつ少し流れのキツイ瀬を流していたら目印に動きが出る。
竿を立てると魚信アリ!
さっきよりは気持ちに余裕を持ってタモに滑り込ませる。
・・・・・・・・・・・・
s-RIMG0810.jpg
・・・・・ニジマスか??

正直、渓魚に詳しくない。
なので近くに居たHUTさんに聞いてみたら・・・
s-RIMG0813_20140413212647d8a.jpg
イワナ、キターッ!!

釣り始めて1時間ちょっとで釣りたいと思っていた魚種2種を確保は出来すぎだろう。
今後の展開がちょっと心配になってきた(汗

しかし、こうなってくればテンションも俄然上がるってもんで、時が経つのも忘れて竿を振る。
ヤマメを1尾追加し、途中の深みになっているところでは竿を絞り込んで良型のニジマスが楽しませてくれた♪
s-RIMG0816_20140413212641e32.jpg
水中画像もあります♪

気付けは12時をとっくに過ぎている。
急に腹が減ってきたので、ここで昼食タイム♪
ささっと胃に放り込み、時間を惜しむかのように無心に竿を振る。
・・・・・・・
s-RIMG0817_2014041321264395b.jpg
マス釣れた♪

途中の淵ではHUTさんに仕掛けの流し方からポイントまで教えて頂いた。
取敢えず教わるがままに何度も仕掛けを流すとマスが釣れる。
とにかくあれもこれも覚えようと我ながら必死だ(笑
s-RIMG0809_201404132126021b4.jpg
景色良いっす♪

途中、豚さんが釣堀状態の淵で竿を出していたので私も竿を出してみた。
数流し目でヤマメが喰い、その後マスが釣れたが教官のお二人が言うにはただのニジマスではないらしい。
正直私には違いが解らなかったが・・・美味けりゃ問題なし。
s-RIMG0818_20140413212645a19.jpg
ホウライマスと言うそうです。

時刻も刻々と過ぎ、夕方になってきたので今度は一気に下って下流側の大きな落ち込みで竿を出すことに。
なんでもここは大物ポイントなんだとか。
持参している6mの竿では微妙に流したい筋まで届かずやり辛いものがあったが何とかヤマメを確保。
隣で竿を出している豚さんとHUTさんは何やら大物を掛けバラシてしまったとのことで、悔しがっている・・・
辺りが夕闇に支配され始めるまで竿を振ったが、残念ながら私に大物からのシグナルは無かった。

川から上がり、教官お二人から評価を聞くと取敢えず合格点を頂けた。
アレコレと話しているとあっと言う間に帳が落ち、辺りは真っ暗になった。

ノベ竿と細い糸のみで勝負する世界・・・

また楽しみが増えた一日だった。


s-RIMG0821_20140413212646b5e.jpg
s-RIMG0822_20140413212710f9b.jpg
今回のお持ち帰り。
初心者にしては上出来過ぎる♪


s-RIMG0824_20140413212711da6.jpg
そして最後にHUTさんから頂いた・・・・大物へのチケット♪

こりゃ止められん・・・



釣行日:4月12日
釣果: 山女 18~24Cm ×5尾
    岩魚 24Cm ×1尾
    鱒 24~36Cm ×4尾
スポンサーサイト

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。