04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

渓流:小渓流にて・・・いろいろヤマメ 

最近同じような写真を載せたが・・・
時刻が違う♪
s-IMG_0062_20140511105308b79.jpg
今回はちゃんと寝ました(笑

今回は単独釣行。
本来の予定は南房にグダ釣りに行くつもりだったが、金曜の仕事が遅くなったので断念。
水温の上がりも微妙だったのでま、いいか・・・

んで・・・選ぶ選択肢は一つという訳さっ♪
選んだのは前回行った某小渓流。
全くの手探り状態だった前回と違い今回は色々と試してみようと思う。

現地に入ったらこの表示板・・
s-IMG_0068_201405111053090f2.jpg
そんなに多いの?

山道を走り・・・
s-IMG_0069.jpg
明らかに制限速度はオーバー。

目指すはあの山の向こうだ!
s-IMG_0072.jpg
嘘です・・・もうじき目的地です(笑

都内を抜けるのが思ったより順調だったので予定よりかなり早く着いてしまった。
遊漁券を販売しているお宅はまだ眠りについていることだろう・・・・

・・・・・・・・・・・・・
暇なので餌となる川虫を捕っておこう。
s-IMG_0076.jpg
良い景色だ。

気温10度に満たない空気の中、川に入りせっせと川虫捕りに精を出す事30分。
そこそこの量のヒラタを確保。
s-IMG_0075_20140511105356a28.jpg
結構良型♪・・と言っても1Cmチョイ位。

この川はマスト川虫と個人的に思っているクロカワ虫が殆ど取れない。
しかし、前回実績が高かったのはヒラタなのでヒラタだけを集めた。
オニチョロもマゴタロウも網には入ったが無視♪

車に戻って山の空気と情景を暫し楽しんでいたらやっと開店のようで一日券を購入。
来年は年券買おうかな・・・

一式背負って再び川に入ったのは7時過ぎ。
ここから昼前まで登り、午後は下る予定で餌釣りを基本に所々にてルアーを試すつもり。
55-60の竿に天上糸は06で水中糸は03で挑む。
針はナノヤマメの5~7号。

さあ・・・始めよう。

今回のテーマは自然に流すことと、魚の着き場を知ること。
ガン玉4号から始め、一流しして上手く流せてないと思ったら即ガン玉を変えて流す。
竿捌きや糸の立ち方も細目に眼で追って状態を把握。
最初の落ち込みから流れが緩くなった辺りで最初のアタリ。
s-IMG_0077_20140511105359d38.jpg
おはようございます♪

いきなりヒレピン様のご登場だ。
型もお持ち帰り規制以上なのでビクに放り込む。
その後もここは居るかも・・・とちょっとでも思ったら浅い瀬でも仕掛けを入れてみながら釣り上る。
水深30Cmあるかないかの瀬で・・
s-IMG_0079.jpg
放流ヤマメ。

その直ぐ上の小さい淵で・・・
s-IMG_0082_2014051110543450f.jpg
ヒレピン様再び。

開始から2時間・・・結構釣り上がった。
この時点でビクの中にはヤマメが4尾入ってる。
途中釣れたウグイとちびヤマメ達はリリースして漁協で決まっているサイズ以上の物だけキープ。
と言っても今日は型揃い。
殆どが20Cm弱だ。
s-IMG_0078_20140511105402630.jpg
振り向くとこんな景色。

途中に幾つかある大き目の淵ではルアーを投げてみる事にした。
チャートカラーのクランクと金黒カラーのミノーを今回持参している。
んで、投げてみると・・・
s-IMG_0083_201405111054367c8.jpg
釣れた♪

繊細なアタリを楽しむ餌釣りが好きだが、やってみるとルアーも面白い。
特に目の前までチェイスして追ってくるのが見えるのが♪

今度はミノーを投げてみる。
s-IMG_0080_20140511105433b54.jpg
こっちも釣れた♪

ミノーはクランクより結構反応が良かった。
3尾ほどバラシてしまったが、最終的に4尾をルアーで釣ることが出来、結構満足。
竿を渓流竿に戻し、折り返し地点まで更に釣り上がる。
流す筋を変え、ガン玉を変え、竿捌きを変え・・・

とにかく流れに溶け込ませるイメージ。

んで、2尾追加してやっと折り返し地点。
ほぼ予定通りの時刻は12時前。
s-IMG_0084.jpg
まずは昼飯♪

暫くまったりしてから今度は下る。
途中途中、淵ではなく落ち込みやその先の瀬を中心に仕掛けを入れる。
アタリは少ないが・・・
s-IMG_0087.jpg
ヤマメは居る。

今回は防水デジカメも持ち込んだので水中撮影もしてみたり・・
s-RIMG0832_2014051110554069d.jpg
s-RIMG0833_20140511105541c47.jpg
s-RIMG0831_201405111055397a1.jpg
水が綺麗なので結構良く写ってた♪

2時前には入渓点まで戻り、今度は釣り下る。

瀬や淵、落ち込みに仕掛けを入れるがアタリは少ない。
途中、ポツポツとある倒木を跨ぎつつ更に下る。
ちびヤマメとウグイを数匹掛けたところで目の前に多数の倒木が・・・
時計を見ると4時半過ぎ。

さて・・・戻りながら上るか。
途中の木陰で暗くなっている瀬に仕掛けを流すと流れが緩くなった辺りで明確なアタリ。
s-IMG_0092_20140511105507d6e.jpg
放流ヤマメ。

その後も1尾追加した後、入渓点近くの淵で更に1尾追加。
5時半前には入渓点に到着。

残り時間は少ないが、釣り溢しがあるかも・・と少しだけ釣り上がる。
少し上がった瀬でアタリ。
やはり少し流れが緩くなった辺りで喰ってきた。

落ち込みを越え、その先の小さい淵で仕掛けを流すと餌ではなく目印に向かってライズしてきた。
直ぐに仕掛けを入れ直し、魚が戻っていった辺りを流すと・・・
s-IMG_0095.jpg
喰った♪

ここで最後のヒラタを使い切ったので納竿。
今回、色々と発見があり収穫の多い釣りだった・・・

頭上を見れば月が顔を出している・・・
s-IMG_0098.jpg
さて・・・帰ろう。

ゴリさんに結果を報告しエンジンを掛ける。
昼間の暖かさは既に無く、ひんやりとした空気が辺りを支配し始めていた。



s-IMG_0101.jpg
こりゃ・・・・出来過ぎ(汗


釣行日:5月10日
釣果: 山女 4~24.2Cm ×24尾(キープ16尾)
    ウグイ ×6尾(リリース)
スポンサーサイト

[edit]

渓流:癒しの小渓流にて 

s-IMG_0023.jpg
助手席は楽チンでございます♪

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
今回は豚さんと相乗り釣行。
渓流デビュー戦では私の車に豚さんを乗せたので、今回は逆。
場所も前回まで竿を出していた本流ではなく情緒溢れる小渓流。
川の規模が小さいので特別大型が釣れる訳ではないが、渓流行ったらヤマメとイワナが釣りたい私には好都合なのだ(笑
ゴリさんからの情報が週中まで怒涛の如く入り、色々と悩んだが豚さんと相談してこの川に決めたのだ♪
s-IMG_0028.jpg
雰囲気十分!水も綺麗だ。

事前の情報通り、駐車スペースの目の前にある民家で遊漁券が買えるそうで、無事に購入。
準備をして早速川に入る。
最初の儀式は毎度恒例の川虫捕り。

まずは網と足を使って取ってみるが、カメチョロとオニチョロ、ピンチョロしか入らない。
・・・・・クロカワはどこいった??
しばらくガシガシやってやっと1匹だけ確保出来た(汗
次は石を撫でてヒラタを確保。

適度に餌を集めたら竿を伸ばす。
天上糸08に水中糸04、針はナノヤマメ7号。
まずは手近な背を流すとコツコツとアタリはあるが餌だけ取られる。
どうも魚が小さそうなので、二人揃って釣り上がることに。

少し釣り上がった所の落ち込み付近で最初の1尾。
s-IMG_0030_20140505212444aa3.jpg
綺麗なヤマメ。キープサイズだ。

その後も釣り上がり、ポツポツとアタリはあるがちびヤマメばかりなのでリリース。
s-IMG_0031_20140505212445971.jpg
綺麗な個体だけどサイズがね・・

だんだん両側の谷が深くなってきた頃、豚さんを追い抜き落ち込みにてやっと明確なアタリが出た。
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・うっ
s-IMG_0032.jpg
ヒレボロ虹鱒・・

・・・・・・・・・・嫁さんは鱒の唐揚げが気に入っている。
何より今日はお土産確保に苦労しそうなので・・・・・・・殺っ!

その後、大き目の淵に出てここでヤマメを2尾確保。
ここで豚さんが追いついたが、私は先に進む・・・が思うようにアタリが出ない(汗
s-IMG_0036.jpg
景色は最高です♪

やっぱ状況に応じてガン玉を変えなきゃいけないんだろうがこの時はそれが頭に浮かばなかった。

気付けば退渓点となる地点まで来ていた。
目の前の大き目の淵には良く見れば魚が見える。
仕掛けを何度か流すとアタリが伝わる。
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・が

虹鱒だった。
そこにルアーマンが上流側からやって来てルアーを放り込むと・・・
虹鱒がバンバン掛かる(汗

今回は特に虹鱒には興味が湧かない。

仕方ない・・折り返すかと餌箱を見るともうヒラタの在庫が無い。
手近な石には居なそうだったので急遽網でオニチョロを確保し、戻りながら竿を出すと・・・
s-IMG_0037_20140505212514f72.jpg
ヒレピンヤマメ♪

下りながら仕掛けを入れるも特にアタリもないまま豚さんと合流。
彼は途中の淵でずっと竿を出していたそうでしっかりとヤマメを確保していた。
ここから一緒に釣り下る。
時刻も3時を過ぎており、丁度良い。

途中、背の先の落ち込み手前で・・・
s-IMG_0039_2014050521251574b.jpg
おお~っ!イワナちゃん。

が、小さかったのでこれはリリース。
その後も釣り下るが、アタリはウグイのみ。
入渓点まで戻ったが、まだ時間はあったので付近で竿を振ることにした。
ちょと上った淵には明らかに大き目の魚が視認できる。
ここで本日初めてガン玉を交換(4号⇒1号)し、仕掛けを入れると直ぐに喰ってきた!

・・・・・・・・・・・・・・が

これまた良型のウグイ(笑
大きさも本日一番だ。
これは豚さんに見せた後、彼に引き取られて行った。
そして辺りも暗くなりいよいよ納竿。

こうして小渓流デビュー戦は終わったのだ。

敗因はやっぱり細目に状況に応じた釣りをしなかった事だろう。
自分に合わせるのではなく魚に合わせないと顔は見れないってこと。

s-IMG_0041_20140505212517420.jpg
陽が沈んだら帰りましょ♪

帰りの運転も豚さん。
大変お疲れ様で御座いました。
途中のらーめん店では大変美味しゅうございましたが、途中で完全に落ちていたのは失礼致しました(笑
次回の相乗りは私が運転致します^^


釣行日:5月4日
釣果: 山女 9~20.4Cm ×8尾(キープ4尾)
    岩魚 10Cm ×1尾(リリース)
    虹鱒 22~26Cm ×2尾
    ウグイ ×2尾

[edit]

渓流:山吹に見守られながら修行は続く・・・ 

s-IMG_0307_201404301836244e3.jpg
渓流の魅力にドップリと嵌ったしまった漢が深夜の首都高を走る・・・

イヤッホゥ~!♪

一人テンションMAXな漢が奇声を上げる車内・・・・
世の女性方からは最も嫌われる空間だろう(笑
本来なら早朝に自宅を出るはずだが、どうにも寝付けないので思い切って出てしまった・・

途中で事故渋滞に掴まってしまい、大幅に時間をロスしてしまったが日付が変わって少ししたら目的地付近に着いた。
コンビニで一日券を買い、前回入ったポイントの駐車スペースに停めてシートを倒すが・・・・

・・・寝られん(汗

やっとウトウトし始めたのは3時過ぎ。
・・・・・・・・・・zzzzzzzz
起きてみれば6時過ぎ・・

思いっ切り寝坊した。
ささっと準備を済ませ、入渓。
s-IMG_0312.jpg
やっぱ良いね~

早速餌となる川虫を採取していた時に何気に気付く。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・何か前回より水量多くない??

・・・やっぱ増えてる。
そして川虫が前ほど捕れない(汗
何とかクロカワ・ヒラタ・オニチョロを確保し、竿を伸ばして実釣を開始。
そう言えばここ最近は渓流のブログを読み漁っていた。
そこにMMZがよく出ていたので今回持って来てみた。
暫く川虫で流してみたがどうもアタリが無いのでMMZに変えてみたら・・・・・
s-IMG_0313_20140430183626790.jpg
喰った♪

・・・・・・・・・が、小さい。
元々、渓魚特に山女や岩魚に極端な大きさを求めている訳ではないが・・・・

これは小さす過ぎる(汗

s-IMG_0314.jpg
これも小っこい(汗

ヤバイ・・・・今回は幼稚園と化しているのか??
その後も増水した川をヒイコラ言いながら釣り上がるもちびヤマメのみ。

暫く釣り上がった所で増水の原因の一端が現れた。
前回は無かった流れ込みがある。
それも特盛の水量で轟音を響かせて流れ落ちる見事な滝だ(汗

う~ん、困った・・・

前回、良型をバラシた淵はその滝の下だ。
新たな滝の一つ下の淵まで何とか辿り着いたが、腰までだった水位は今回胸元まで上がっている。
押される勢いも前回の比ではない(汗
暫くどうしようか考えながら仕掛けを流していたが、今回は単独釣行&渓流2回目と言う事もあり無理はしないで釣り下ることに。

s-IMG_0321.jpg
明らかに水量増してる・・・

釣り下りながら竿を振るもアタリは全てちびヤマメ。
この時点でツ抜けはしてるだろう・・・
が、ビククールの中は空っぽ。

う~ん、今回は厳しいなぁ・・・と思いつつ流した背の弛みで明確なアタリ♪
s-IMG_0315.jpg
鱒か・・・

しかし贅沢は言わない。
おかず釣師である私はボウズで帰ることが出来ない・・・
コイツは唐揚げにしよう。

ここで時計を見れば12時になろうとしている。
入渓点まで戻っていたので一旦車に戻り昼食を摂ることにした。
s-IMG_0324.jpg
何て言う野草だろ?

ゴリさんに戦況報告を行い、後半戦に臨む。

午後は同じ入渓点から釣り下ることに。
勢いの増してる川を何とか横切り、最初の淵にて竿を出す。
初めは55-60の竿でガン玉を重くして仕掛けを流す・・・
何回か流してると目印に変化アリ♪
s-IMG_0319.jpg
また鱒釣れた♪

型はさっきと同じで23Cm位。
唐揚げ追加と思いつつ、さっと〆てビククールに放り込む。

同じ筋で更にもう一尾虹鱒を追加し、下ることにした。
瀬や淵を歩き、仕掛けを流すもなかなかアタリが無い・・・
餌を変えたり、竿を長いものに変えて流す筋を変えたりしてみたがどうにも反応が得られない(汗

s-IMG_0318.jpg
水はかなり温くなってきたけど・・・?

暫く釣り下がると、かなり深い淵に辿り着いた。
ここを越えようと試みたが、途中地点で一気に胸元まで水が来た。
目の前は更に深そうだ・・・

ここでこれ以上進むのを断念。

時間的にも折り返すことに・・・

かなり戻った淵で仕掛けを流すと・・・岩の裏側の緩みで竿先に明確なアタリ!

s-IMG_0320.jpg
やっとヤマメ♪

まだ居るかもと思い何回か流すもその後は無反応・・

結局は入渓地点の淵まで戻り、暗くなるまで粘ったが魚の顔を見ることは叶わなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

2回目にして単独・・・結果としては十分だろう。
次回も新たな出会いと発見に期待しつつ川を後にした。
s-IMG_0327.jpg
山吹が見守っております♪


釣行日: 4月26日
釣果: 山女 23.4Cm ×1尾(ちび多数リリース)
    虹鱒 23.2~25.1Cm ×3尾


[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。