02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

渓流:一年振りで四苦八苦♪ 

s-IMG_0014_20150322212937f36.jpg
爆走中~♪

いよいよ渓流の・・・山の時期が始まった♪
前回は色々あって管釣り場となったが、やはり感を取り戻すのならば川で育った魚を相手にしなければならないだろう。
・・・・今年の渓流シーズンの開幕である。

今シーズン初の戦は昨年デビューを飾ったあの場所と決めていた。
まぁ・・・他に場所をよく知らないってのもあるんだけど。
s-IMG_0023_20150322212939bb1.jpg
草木を掻き分け・・・・

s-IMG_0028_20150322212942088.jpg
懐かしい渓に到着♪

まだ朝早いとあってひんやりとした空気が体に纏わり付く。
川に着いて初めにやることは餌取り。
ガシガシと川底を浚ってクロカワ虫を多数捕獲♪
ヒラタも確保しようかと思ったが・・・・取り敢えずはこれで行こう♪

竿を伸ばし、仕掛けを付ける。
今回は08の06、針は7号。
早速餌をチョン掛けにして流れに放り込むが・・・・・

・・・あれっ?何か違うな・・・

底波に乗って流せていないのが自分でも解っているだけに情けない・・・


そう!一年近く空いていたのでどうにも感覚が戻っていない(汗
これではお魚さんに無視されてしまう!
四苦八苦している時に仕掛けが瀬尻の淀みで止まり・・・・目印が動いた。
竿を立てると魚信アリ!
しかし水中でヒラを打つ魚体が妙に黄色いんだが・・・・・?

大きくはないので取り敢えずタモに滑り込ませる。
s-IMG_0024_20150322212940467.jpg
イワナ・・・じゃないよな?

初めて見る魚種なので、一斉送信で仲間に聞いてみるとブラウントラウトとのこと。
そうか~これがブラウンですか♪

食味を楽しみにビクに放り込む。
それから少しづつ勘が戻って来たのか流しもスムーズになってきた。
瀬尻の緩くなった所に魚が着いているだろうと流すがアタリが無い・・・・外したか?と思いつつ回収しようかと思った時に竿先に強烈なアタリ!
一気に上流に向かって疾走する相手を竿をタメていなすと今度は下流に向かって爆走・・・・

何だぁ~(汗

更に二回走られ、やっと寄せてみると目測でも35Cmはあろうかというヤマメ♪
タモを差し出しランディングってタイミングで最後の一っ走りを受け・・・・・

ハリス切れ(笑

ま、こんなもんでしょ・・・・
逃がした魚は大きかったを地で行く行為に口が塞がらなかった。
気を取り直して一つ上流側の流れに仕掛けを打ち込む。
落ち込みから瀬を流し、緩くなったところでココッっとアタリ!
アワセると先ほどではないが結構な走り♪
しかし慌てることなくタモまで誘導しランディング完了~
s-IMG_0031_20150322213018219.jpg
ヤマメちゃん♪
s-IMG_0030_20150322213016e47.jpg
良型です。尺弱はあるかな。

今年初のヤマメに出会えた事で、ちょっと肩の荷が下りた気がする。
丁度そのタイミングでゴリさんから入電。
これから川に入るとの事。
後程・・・・ってことで再び竿を振るが・・・と、同時に別の釣り人が遡上してくるのが見えた。
これがまた結構速いもんだから追い立てられるように釣り上る。
結局はポイントを攻め切れないまま上がり切ってしまい・・・・・

今度は下ることにした。
ゴリさんとも合流しちゃおうって訳。

途中で合流し、歓談を交わしてからゴリさんは上流へ・・・・私は途中から満足に仕掛けを入れられなかったポイントを丹念に攻めてみることにする。
s-IMG_0029_20150322213014f5c.jpg
魚は居るのですよ。

この頃になると流し方もかなり良くなってきた。
少し深みのある背を流して緩くなった所で小さなアタリを拾う。
s-IMG_0032_2015032221301941b.jpg
ヤマメ。9寸弱。

今日は型が良い魚が多い。
アタリを捉え切れなかったり、反応が遅れたり、針外れも多数あったが掛けて獲った魚はどれも良い魚だ。
その後も丹念に流すもアタリを捉え切れないことが多かった。

おっ・・・・川虫を補充しなくては。
s-IMG_0037_20150322213041147.jpg
餌は鮮度が命です♪

ゆっくりと釣り下りながら・・・・・
丹念に流す。これの繰り返し。
魚からのシグナルはきちっと仕掛けを流せさえすれば自ずと返ってくるのですよ。
s-IMG_0035_20150322213021373.jpg
マス。9寸弱。
上流まで登り切って下ってきたゴリさんに見守られながら竿を振るうと小さなアタリ。
捉え切れなかったので再度流すとまたもや小さなアタリ・・・
餌を付け替え、三度トライ!

今度は明確なアタリを捉えて魚を掛ける!
s-IMG_0040_201503222130422d0.jpg
アマゴですね。9寸弱。

気付けば時刻は15時過ぎ。
最後の大場所に二人で向かう・・・・・
ここでもなかなかアタリを拾えなかったが、ゴリさんが特大サイズを目視したので、竿を8mのものに替え、仕掛けを1.2号の通しに変えて狙ってみるも・・・・
釣れたのは何故か6寸位のマス。

最後はクランクを投げ捲ってみたが周囲が暗闇に支配されてきたのでこれにて納竿。

駐車スペースに戻ってみるとHUTさんが・・(笑
お二人と今後の展望や展開、河川情報等・・・・非常に内容の濃い歓談を交わし時が経つのも忘れていた。
勘も戻った事だし次回を楽しみに・・・




釣行日: 3月21日
釣果: ヤマメ 26.5~29.0Cm ×2尾
     アマゴ 26.1Cm ×1尾
     マス 18~26.1Cm ×2尾
     ブラウン 24.1Cm ×1尾
スポンサーサイト

[edit]

渓流:遊びながら・・・ 

前夜まで結構悩んだ・・・・・
悩んだのだよ。

ぶっつけ本番で渓流に行くかどうするか・・・
昨年のデビューからほぼ一年が経過していることもあり、不安があったのも事実。
そこで渓流師匠の一人であるゴリさんに電話をし、色々と教授頂き・・・・
結論としてはやんごとなき事情で肩慣らしを兼ねて管釣り場に遊びに行くことにした・・・・
s-IMG_0013.jpg
余裕を持って出発です♪

土曜のこの時間に出るのって・・・一年振り?
ナビを頼りに首都高を抜け・・・
s-IMG_0017_201503160019278a6.jpg
・・・山道を進む。

落石注意の看板が至る所にあり、実際の落石も路肩にゴロゴロある(汗
おっかなびっくりで進み・・・
s-IMG_0019_20150316001930f34.jpg
着いた!

川を利用して作ってあるのか・・・
実は管釣り場って初めてなので、結構ウロウロとして見て回った♪
人出は・・・そこそこなんだろうか?
既に10人ほどが竿を出している。
s-IMG_0018.jpg
起伏は少ないが・・・ここが一番かな?

s-IMG_0029_20150316002005754.jpg
因みに料金はこれ位。

早速、竿を伸ばし仕掛けを入れてみる事にする。
ラインは08の06でハリはヤマメバリの7号でレッツトライ♪
餌は・・・イクラ。
これ、釣れんのか??

まずは流してみる。
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらっ?

こんな感じだったっけ?
暫く打ち返して漸く感が戻って来たかな~って時に目印が止まる。
竿先に微かなアタリが出た瞬間にアワセを入れる。
s-IMG_0020_201503160019322dd.jpg
ニジマス。

久し振りに渓魚を見たなぁ~
午前の放流前なので、前日釣り残った魚かな。
流しの感覚が戻ってくれば結構アタリが取れるもんだ。
s-IMG_0025_20150316002001e66.jpg
またニジマス。

暫くすると午前の放流が始まった。
左右の数人組の所にはドバドバと魚が撒かれている・・・
何尾撒いたんだ??

所かわって私の方は・・・6尾位?
ま、こんなもんか(笑
ところで・・・イクラってどうも釣れる気がしない。
虫!川虫は居ないのか~!
って流石にガサガサするのも気が引けたので、仕方なくブドウ虫を購入して使ってみる。
s-IMG_0026_20150316002002374.jpg
触った感じが意外に好き♪

ブドウ虫に変えてからアタリも連発。
おかげで間違いなく午前に撒かれた分は釣り切ってしまった・・・
なので、午後の放流まで釣り零しを釣って遊ぼう。
ポツポツと数を重ね、気付けば午後の放流の時間が・・・

今度はイワナが混じっているのを確認したので、イワナ一本で狙ってみる。
しかし・・・ニジマスが邪魔だなぁ・・・
イワナの前に食欲旺盛?はニジマスが立ちはだかる(汗
とそこに・・・・・
隣のスペースで竿を出していたファミリーのお子さんが仕掛けを入れ・・・・

私がニジマスを駆逐している隙に唯一のイワナを持って行かれた(泣
んで・・・・
s-IMG_0027_201503160020042b3.jpg
やっぱニジマス・・・

制限時間の14時半まで粘ったがニジマス以外は釣れず・・・
フラシの中はニジマスだらけ。
しかし手ぶらで帰る訳にはいかないので、全殺!!
s-IMG_0031_201503160020070aa.jpg
・・・どうやって食べよう(汗

下処理を済ませて、さて帰ろうか・・・・
じゃなくて・・・・今回のもう一つの目的を忘れるところだった(汗
ナビに設定してみると目的地までは20キロちょっとだそうな。
s-IMG_0034_201503160020236f4.jpg
旅は続くっ♪

山道を登ったり下ったり、道が車幅ギリギリだったり・・・・
ヒヤヒヤしながらハンドルを握り、何とか到着して目的のものを無事に購入♪

途中のコンビニで時間を潰してから下道のみでゆっくりと帰路に着いた。

s-IMG_0032_20150316002022abd.jpg
まだまだ冬の様相ですな・・・

次はいよいよ川に入りますかっ♪


釣行日: 3月14日
釣果: ニジマス 20尾以上・・・

[edit]

房総港:別れの前に・・・ 

何を釣るか・・・・

この時期は本当に悩む。
釣り物が多すぎて悩むなら嬉しいことだが、その逆だ。
お手軽なものと言えばメジナかアジ。
家族のリクエストもあって今回は早いタイミングで外房のアジに決めた。

週末の夕方、外房の某漁港に車を停めた。
駐車スペースを見ればあの車が・・・
堤防に向かうとサーフさんの姿があった。

聞けば釣れているが小型が多いそうな・・・

私も道具を運び、早速仕掛けを入れてみればウキが中途半端な動きをしている?
回収してみればこれまた見事な小鯵が・・
それでもポツポツとレギュラーサイズが喰ってくるのでレギュラーサイズだけキープする。
時間が経てばやがて小型は喰わなくなり、レギュラーサイズだけになって来た。
食いも上がったか、三本針にトリプルも多数。
s-IMG_0007_20150309004746b5f.jpg
ポンポン釣れるんで速攻でツ抜け。


順調に釣れていたんだが・・・・天候が怪しくなってきた。
途中、釣友のブルーボルボさんも様子を見に来られて暫し歓談を交わす。

再び釣りに集中し、仕掛けを打ち返す頃には40尾は超えただろうか?
色々とお品書きを頼まれているのでもう少し数が欲しい・・・
空が泣き出すまでもう少し。

それから暫くしていよいよ空が泣き出した。

・・・・・潮時だろう。

コマセもほぼ使い切った。
最後のコマセを詰めて仕掛けを投入し、その間に道具を片づける。
投げっぱなしの仕掛けを回収してレギュラーサイズを最後に追加してこれにて終了~
隣のサーフさんも撤収の様だし。
二人して撤収し、駐車スペースで暫し話込んでから泣きっ面の空を見上げ・・・帰路に着いた。

s-IMG_0011.jpg
結構釣れました♪


そろそろ山が呼んでいる・・・・今度海に来るのは梅雨時かな・・・・


釣行日: 3月6日
釣果: マアジ 13~25Cm ×55尾

[edit]

タモ網 

最近は大きな買い物をすることも少なくなったが・・・

昨年の渓流での経験を踏まえて、今年は色々とアイテムを揃えようと思う。
まずはタモ網だ。
去年は激安のタモを応急的に買って使っていたがやっぱり使い勝手は良くない。

s-IMG_0001_20150309004723e34.jpg
んで、こんなん買いました。

s-IMG_0002_201503090047252b0.jpg
価格は5,000円ちょっととそれ程でもないが、激安物よりは作りもしっかりしている♪

あぁ・・・鮎ベルトも買わなきゃ(汗

[edit]

房総磯:ちょい渋メジナ 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

[edit]

trackback: -- | comment: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。