03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

渓流:猿と山女魚と沢と岩魚 

今週も小渓流にて遊びますぞっ♪

朝の6時前に到着したのはすっかりホームリバー化している某小渓流。
先週はシトシト雨の降る中で竿を出したが、今週は天候も問題無さそう・・・・だけど釣り人の活性も上がりそう^^
なので、テンポ良く釣り上り魚の顔を見ようって算段。
s-RIMG0914.jpg
お馴染みになってきました。

まずは餌取り。
ちょっと前まで腕を真っ赤にして取っていたが少しは水も温くなってきたようだ。
冷たいは冷たいが、真っ赤にはならない。
それに川虫も成長してる。
s-RIMG0926.jpg
・・・餌は鮮度が命です。

最初の落ち込みはアタリ無し。
次の落ち込みは瀬尻まで流すとコンコンッとアタリ。
合わせると魚も元気が良い♪
s-RIMG0915.jpg
レギュラーサイズ。

瀬でポツポツと数を重ね、途中の淵ではルアーを投げる。
先週ほどの追いが無くなってる・・・・相当叩かれたか?
それでも・・・
s-RIMG0916.jpg
釣れた♪

しかし、単発。
一度掛けるか、チェイスすると二度目は無い。
ルアーはどうもイマイチ感が強かったので、今回は早々にルアーロッドは仕舞い餌釣り一本で釣り上る。

淵でも四苦八苦しつつ2尾ほど釣り上げるもどうにも効率が良くない・・・気がする。
魚は確実に居るんだろうけどね^^

瀬の中にある大き目の石の脇を流すと・・・
s-RIMG0917.jpg
出ました♪今日一番の8寸強。

ここまででキープ8尾。
時刻はまだ8時半だ・・・・・目印を見つめている時に頭上が急にガサガサと騒がしくなった?
何だぁ~・・・・と見上げると何処かで見たことのある動物が・・・
s-RIMG0921_2015041918502502c.jpg
中央にピンボケ猿。

なんと猿の群れが木を伝って移動中だった。
数は20頭弱だろうか?
何回も通っているが猿を見たのは初めて。

群れが去るとまた穏やかな空気が戻り、何事も無かったかのようにその後も釣り上がる。
s-RIMG0923.jpg
確実に魚は居るんだよね。

ポツポツと4尾を追加し、退渓点に到達したのは10時前だった。
今日は午後は別の場所に行ってみるつもりだったので、早々に退渓し車まで戻った。

道具を積み込んで上流に向かって移動開始。
s-RIMG0925.jpg
天気は良いです。

良さそうな場所を見つけて早速入ってみたが、真新しい足跡が・・・・
こりゃ・・・叩かれたばっかか・・・?
餌を丹念に流してみるがどうにもアタリが無い。
釣れたと思ったら・・・・
s-RIMG0927.jpg
リリースサイズ。
s-RIMG0929.jpg
外道です。

こんなんばっか・・・
唯一、20Cm弱が釣れたが、状況は良くなさそうなので再度移動することに。
左程遡上してなかったので入渓点まで戻りちょっとランチタイム♪
s-RIMG0930.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・さて・・・・
何処に行こうか?

沢に行ってみるか・・・
エンジンを掛け、ハンドルを切る。
細い山道を走り、駐車スペースに車を停める。
暖かくなってきたので長袖を一枚にして熊除けの鈴と笛を装備していざっ!突撃♪
s-RIMG0933.jpg
幅は2m位。

木々が頭上に覆い被さるような沢なので、仕掛けの全長は2m程。
竿も大部分を畳んで半分以下にして釣り上る。
小さな沢なのでポイント一つ一つを丁寧かつ迅速に攻めテンポ良く進む。

僅かな深みや石陰を攻めると・・・・
s-RIMG0934.jpg
ヤマメ。ギリキープサイズ。

その後もポツポツとヤマメが喰って来るがいずれも10Cm前後と小型なのでリリース。
結構釣り上ったなぁ~と思いつつスマホのGPSで現在位置を確認。
時刻も15時を過ぎていたのでもう少し釣り上ったら戻ろう・・・・

瀬の真ん中にある岩。
その際を流すと目印が逆行したのでアワセる。
魚体は大きくないので抜くと、ヤマメとは違った魚が・・・・
s-RIMG0931.jpg
おお~!イワナちゃん♪

やっと会えたなぁ・・・・
如何せんこれもお子ちゃまサイズだったので美しい魚体を眺めてからリリースすると勢いよく岩陰に消えていった。
これで満足したので戻ることにした。

s-RIMG0932.jpg
帰りましょ。

車まで戻ってからゴリさんに電話。
本流でやっているそうだが、魚が少ないようで苦戦中とのこと。
私は最後にキャンプ村に行ってちょこっとだけ竿を出してみることを伝えて電話を切った。

しばらく走って到着。
この頃になると結構風が吹いてきていて、本流用の8mの竿をブンブン振り回すのは結構しんどい・・・・・
強風に耐えつつ竿を振るも、ヤマメをバラシてハヤを釣ってさっさと竿を畳んで終了となった。

今回は連戦無しで、車中でちょっと仮眠を取ってから帰路に着いた。


s-RIMG0936.jpg
釣行日: 4月18日
釣果: ヤマメ 15~24.9Cm ×15尾
     イワナ 12Cm ×1尾(リリース)
スポンサーサイト

[edit]

渓流:小渓流にてちょっと開拓(後編) 

暫し山間を走り、目的の場所に到着し、ちょこっとだけ竿を出してみるも不発・・・

そんなこんなの内にゴリさん、HUTさん、SYさんが合流し夜会の準備が着々と進む。
前回も盛大な宴だったが、今回も豪勢になりそう♪
s-RIMG0890.jpg
燻し屋出店中♪
s-RIMG0894.jpg
宴会は続く・・・
s-RIMG0898.jpg
魅惑の琥珀色・・・・

自然と目が覚めたのは翌朝の7時前。
固まった体を伸ばし、山の空気を肺一杯に吸い込む・・

さて・・・寝起きの運動にサクっと竿を振りますか♪
ここは年券が通用するエリア内なので、まずはルアーを投げてみるが・・・・
s-RIMG0896.jpg
流石、本流は水量が豊富ですな♪

あらっ?
反応が無い。
今度は餌釣りに変えてみる。
取り敢えずは・・・・オニチョロを針に刺して淵の流れが緩くなった場所に仕掛けを入れてみると・・・・
コツッコツッとアタリ。
餌を付け直してもう一度流す。
s-RIMG0899.jpg
釣れた(笑

釣れたのは22Cm位のヤマメ。
立て続けにもう1尾追加したところで皆さん起きてきたので朝釣りはこれにて終了。

朝食を食べつつ、皆で歓談しているともうすぐ11時になろうとしている。

色々と話をして決まった今日の勝負河川は先週と同じ川になった。
山道をグネグネと進み、前とは違う場所にて入漁券を購入。
車を停め、準備をして早速川に向かった・・・・
s-RIMG0902.jpg
良い渓相♪

先週と違い、天候も良く釣り日和なのもあって釣り人の姿を多く見かける。
餌、テンカラ、フライ、ルアー・・・・・全てが同居する混沌とした世界がここにはあった。
元々プレッシャーが高い上に、我々は午後から入っている。
苦戦は覚悟した方がいいだろう・・・
s-RIMG0901.jpg
鴨も休憩中?

とにかく人が竿を入れるのを嫌いそうな場所、意外に居るかも?って場所を重点的に攻めてみることにした。
手始めに段々になった落ち込みのちょっと緩くなった場所に仕掛けを何度も入れる。
上手く仕掛けが入るとゴンッと明確なアタリ。
s-RIMG0900.jpg
これは良型。20Cm以上ある。

それからここはどうかな?って場所には仕掛けを入れてみるが、やはり叩かれているせいかアタリは小さく捉えにくい。
ポツポツと拾い釣り。

そこそこ釣り上がってやっと3尾・・・
他のメンバーも苦労していそう・・・
私は淵が苦手。
全くダメって訳じゃないけど、瀬と淵だったら迷わず瀬を攻める。
釣り上ると所々に淵があるが、そこは飛ばして瀬を中心に攻めて行き、テンポ良く探るようにやってみる。
それでもなかなかアタリを捉えられない。

小さなアタリを拾ってヤマメを掛ける。
s-RIMG0850_20150414221004993.jpg
今回も水中撮影入ります♪

退渓点よりかなり上がった最後の瀬で居そうだと思った筋を何度も流して・・・・・
s-RIMG0905.jpg
良い魚です♪

・・・・今日一番かな?
気付けばちょっと暗くなってきていたので少し下の淵にいるゴリさん、HUTさんと合流すべく下る。
渓流竿をたたみ、ルアーロッドに持ち替えて帰りは淵をルアーで攻めながら退渓点まで戻ったが、追加はならず。
やっぱりスレているのか、どの淵でも一度チェイスしたら二度目は無かった・・・

見切られまくりのルアーを投げつつふと見るとSYさんがどんどん下って行く。

・・・・・・・・・お~いっ!

ってことで、最後にSYさんを熊除けの笛で呼び戻して無事に退渓。
厳しいながらも良い渓相と天気の中で竿を振って楽しい一時だった♪
s-RIMG0908.jpg
皆さん、お疲れ様でした♪


s-RIMG0910.jpg
二日間で最終的な持ち帰りはこれだけ。




釣行日: 4月12日
釣果: ヤマメ 17~23.7Cm ×6尾

[edit]

渓流:小渓流にてちょっと開拓(前編) 

さて・・・今週末も渓流だ。
しかし天気が良くない♪
断続的に雨が降る天気であり、テレメーターとにらめっこしながら就寝し、3時過ぎに起床。
s-RIMG0872.jpg
今回はちょっと遅めの出発。

現地に着いてもシトシトと降っている。
暫し待機して雨雲が抜けたタイミングで準備をして入渓。
川虫を捕っていたら遡行してきた釣り人がやっってきたので暫し歓談を交わす。
水量は増したが、ゴミが多くアタリが無いらしい・・・・
そういうもんなのか?と思いつつ準備を済ませて釣り上がる。
s-RIMG0875.jpg
水量増してます♪

s-RIMG0874.jpg
先週より落ち葉が多いね。

良い感じに水量が増えていて期待度は上がる。
しかし、落ち葉が仕掛けに絡み、意外に流し辛い・・・(汗
それでも瀬の緩くなったところまで丹念に流すと・・・

s-RIMG0877.jpg
喰った!

型は17Cm位だが綺麗な魚だ。
テンポ良く釣り上がり、瀬にポツンとある岩の際を流すと・・
s-RIMG0878.jpg
s-RIMG0879.jpg
良型です♪

この河川では今年一番かな~24Cmはありそう。

途中の淵では今回新しく購入したコンパクトルアーロッドとルアーの組み合わせで攻めてみる。
私は個人的に餌釣りが主ではあるが、ルアーを嫌っていたりやらないという訳ではない。
要はその場面にて最適な攻略法をチョイスするだけ。
なので・・・・
ルアーでもキープサイズは全殺♪
食べる為に釣っているんだから当然なのだ。

早速、キャスト。カラーはアユカラーをチョイス。
s-RIMG0881.jpg
釣れた♪

が、すぐに見切られたのでカラーをチェンジ。
すると・・・
s-RIMG0882.jpg
また釣れた♪

スレていないのか、群れでチェイスしてくるのが見てて楽しい(笑
しかしこのカラーもすぐに見切られてしまったので、再びカラーを戻してみる。
が・・・・追って来ない。
見切りを付けて釣り上がり、次の淵で投げてみる。
s-RIMG0884.jpg
釣れた(笑

しかしこの淵はこの1尾でお終い。

再び餌に切り替えて魚を追加し、退渓点に到達したのは11時頃。
今回はこの河川の他のポイントを攻略してみるつもりだったのであっさりと退渓して車まで戻る。
因みに霧雨みたいにずっと雨が降ってますな・・・

道具を積み込み、上流部を目指す・・・
大体の当たりは考えていたが、途中で良さそうな個所を見つけたので駐車して入渓。
急斜面を下って水面へ・・
s-RIMG0885.jpg
こちらも雰囲気は良い。

早速準備して釣り上がる。
木が頭上に覆い被さる個所が多くなってきたので仕掛けを短くし、チョウチン気味に変える。
小さな落ち込みから瀬にかかる場所で最初のアタリ。
s-RIMG0883.jpg
良型でございます。

数日経った足跡が見受けられたが、単独っぽかったし魚は十分に残っている感じだ。
所々に見受けられるここぞという感じのポイントは勿論、竿抜けしてそうなポイントも丹念に攻めてみると結構アタリが多い。
s-RIMG0886.jpg
これも20Cmオーバー。

順調に釣り上がったが、途中の岸辺で明らかに鹿とは違う大きな獣の足跡が・・・・

これって・・・・もしかして熊じゃね??

一気に周囲が気になって来た(汗
熊除けの鈴と笛は常に携帯しているが、それらしい足跡を見てしまっては気になって釣りどころではない・・・

集中出来なければ自然に餌を流す事も出来ず、アタリも激減。
イワナが居そうな場所までもう少しって気もするが、16時も回っていたので少し早いが本日の釣りを終了することにした。
車まで戻り、一息ついてからゴリさん、HUTさん、SYさんとの待ち合わせ場所までハンドルを切った。

s-RIMG0888.jpg
桜が良い感じです♪




釣行日: 4月11日
釣果: ヤマメ 17~24.4Cm ×12尾

[edit]

渓流:苦難の先の新天地(後編) 

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山の空気はひんやりとしていた。
アラームで起こされるでもなく寒さに体を少し震わせて起きたのは7時を回った頃。
テントを張っていた3人は既に起きていたようだ。
朝から釣りトークを交わしつつ、私はHUTさんからルアー講座を受ける(笑
上空はどんよりしており、時折涙が降ってくる・・・
皆で相談の結果、山を一つ越えた河川に逝ってみることになり、大きく移動。
s-RIMG0839.jpg
どこまでも憑いて行きますぞっ♪(笑

ヘアピンカーブを爆走?し、暫く走って目的の河川に到着。
入漁券を購入し、準備をして早速川に降りてみる。
s-RIMG0843_20150405234749c86.jpg
これは良いですなぁ~♪

大きさは前日の川より大きいが、丁度攻めやすそう。
水もクリアーだが・・・・冷たそうだ(汗
案の定、川虫捕ってたら突っ込んだ腕が赤く・・・・・
早速背を流してみる。
s-RIMG0844_201504052347508a3.jpg
放流成魚釣れた!

型は良いが、如何せん放流成魚。
テンションは上がらない・・・

落ち込みを経て次の瀬で・・・
s-RIMG0845_20150405234752975.jpg
ヒレピン様登場♪

やっぱりコレじゃないと♪
型はやや落ちるが、テンションの上がり方は全然違うものだ(笑
先に下り始めている御三方を追いつつ、得意の瀬を中心に攻めて行く。

s-RIMG0846_2015040523475344b.jpg
これは・・・リリースサイズ(汗

その後、2尾追加しつつ、下りの終点?まで釣り下り、今度は釣り上がることに。
途中、昼食を挟み起点から釣り上がった。

私が年券を購入し、今年重点的に攻めてみようと考えている河川より規模が大きいこともあり、遡行すると要所要所で結構な水量で押される(汗
それでも渓相が豊かであり攻めるにも目の保養にも素晴らしい川だ。

途中の深みで粘り過ぎて先に遡行した御三方を見失う局面もあったが、何とか合流。
やはり瀬を中心に攻め、釣果を重ねる。

s-RIMG0851.jpg
s-RIMG0855.jpg
水中撮影もしてみた。

本流と比べると小型ではあるが、魚体は綺麗。


s-RIMG0860.jpg
ギリギリ・・・キープサイズ。

陽が高くなり水温がちょっとは上がったのか・・・・
比較的浅目の瀬でも丹念に仕掛けを流すとアタリが出るようになってきてとても楽しい♪

s-RIMG0862.jpg
これは良型。

十分に釣りを楽しみ、そろそろ退渓点が見えてきた・・・
最後の深みでHUTさんからルアーをお借りしてキャスト!
魚が追って来て・・・

s-RIMG0863.jpg
喰った♪

最後の最後に楽しませてもらい、夕闇が迫って来たのでこれにて終了。
斜面を登って渓を後にした。
s-RIMG0864.jpg
お疲れ様でした♪

駐車スペースで少し歓談を交わした後、海おとこさんを高速のインターまで誘導しつつ帰路に・・・


さて・・・次回も小渓流で遊ぼうかな♪




釣行日:4月5日
釣果: ヤマメ 15.4~21.4Cm ×11尾

[edit]

渓流:苦難の先の新天地(前編) 

前回は見事な撃沈釣行だった。

それを忘却の彼方に投げ込んで意気揚揚と今週末も渓流にハンドルを切るのだ♪
今回は年券を購入した桂川漁協管内の某河川。
s-IMG_0008_20150405234658a6e.jpg
雰囲気は抜群です♪

川虫を獲る為に水に手を突っ込むとかなり冷たい・・・
そしてやっぱり減水気味だ。
最近纏まった雨が降ってないからなぁ・・・・

元々水量が少ない川なので少しでも深みのある場所を重点的に攻めてみる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
s-IMG_0010_201504052346594eb.jpg
釣れた♪

まだまだ色は出ていないが綺麗なヤマメ♪
サイズは・・・・17Cm位。
その後各ポイントに仕掛けを入れるも意外に反応が無い・・
s-IMG_0018_201504052347031de.jpg
徐々に緑が色付いてますな。
s-IMG_0020_2015040523472627a.jpg
ちょっと休憩(笑

再び釣り上がり、ポイントを攻める。
s-IMG_0014_20150405234700d47.jpg
ポツポツと・・・・
s-IMG_0015.jpg
釣れる♪

但し、サイズは変わらず^^
退渓点まで来たので少し登ってみたが、意外にのっぺりとした渓相で魅力的なポイントが無い。
なので今度は釣り下る。
海おとこさんから連絡があり今から釣り上がるそうなので途中で合流なのだ(笑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
s-IMG_0019_20150405234724e4e.jpg
魚は居るんだろうけど・・・・

なかなか結果が出ない。
でも・・・・面白い♪

そんな時こそ魔はやって来るのだ・・・・

川を横断しようとしていた時に左足が滑った(汗
踏ん張ったと思ったら今度はそれをカバーしていた右足が・・・・・・・・・・・・・


ぅうおおおおおおおっ・・・・・・・・・・・・!!!

「つっ・・冷てぇーーーーー!!!」

・・・ハイッ!
見事にご入水♪
あまりの冷たさに速攻で這い上がり、まずは体のチェック。
右膝を強打したが、間接には問題無さそう・・・・
装備品は・・・・デジカメがご臨終。
防水デジカメは無事だ(笑
スマホも・・・・無事だった(汗

・・・・・・・・・・・・ハッ!!!

竿は??

んん~・・・・・穂先が逝ってしまってる(泣

仕方ない・・・餌釣りは終了して不貞腐れながらブンブンとルアーを投げながら海おとこさんと合流。
お互いの状況を話していると何と!
海おとこさんから竿を借りられることに!!

厚かましくお借りして一緒に竿を出すことになった♪
一緒に釣り上がってやっと1尾追加したが時間が夕方近くになったので一緒に入渓点まで戻ってそこから少し釣り下ることにした。
しかし・・・・追加はならずキープ5尾で終了。
車に撤収してゴリさん、HUTさんが夜営をする地点まで一緒に行くことに。
到着するとまだお二人は着いていない。
川のせせらぎが聞こえるだけで辺りは暗がりに支配されている。
火を起こし、歓談を交わしているとHUTさん到着。
暫くしてゴリさん到着。

4人で火を囲み・・・・赤らかに顔を照らしつつ美味い物に舌鼓を打ち、夜は更けていくのだ・・・・・・




釣行日: 4月4日
釣果: ヤマメ 15.5~18.4Cm ×5尾

[edit]

渓流:弥生・・それは渋い季節 

渓流2戦目。

今回は豚さんと相乗りでの釣行だ♪
途中で入漁券を購入し、着いたのは前回と同じ場所・・・
s-IMG_0044_20150329225134bee.jpg
・・・・ん?

あらま・・・
減水で前回より30Cm程水位が下がってる(汗
おまけに気温もガックリ下がってすげ~寒い・・・
水温もまだまだ上がっていない。

こりゃ・・・今日は厳しいかも。

そんな事を思いつつ・・・触り心地がマイルドなクロカワを黙々と捕獲♪
s-IMG_0043_20150329224624d4d.jpg
そこそこ捕れたが・・・

早速、竿を伸ばし仕掛けをセッティング。
今回も08の06、針はナノヤマメの7号とスタンダードなもの。
水位が下がっているし、水温が低いので背の緩くなった深みを重点的に攻めてみるが・・・アタリ無し。

少し釣り上がった落ち込みから深くなっているポイントに餌を流すと目印が止まる。

やっとアタリだ。

竿を立ててアワセを入れると予想外の突進(汗
ヤバッ・・・・そこそこ大きいみたい。
岩に巻かれないように注意しながら相手を走らせ、徐々に寄せる。
フィニッシュは・・・・ズリ上げた(笑
s-IMG_0046_20150329224625276.jpg
良型ニジマス。
s-IMG_0044_20150329224625558.jpg
手測で45Cmは確実にある・・・唐揚げだ♪

ビクに入らないので一旦車に戻って獲物を入れる。

その後、豚さんと共に釣り上げるが、時折アタリがあるも追加は無し・・・

気付けば昼を過ぎ・・・夕マヅメに狙おうと考えている淵に移動してちょっと休憩。
少しして再開するもやっぱりアタリ無し(笑
深場には居るんだと思うが・・・・今の私の腕では食わせられないってこと。
やがてゴリさんが下流から釣り上がって来て合流。

歓談を交えつつ暗くなるまで竿を振ったが追加はならず・・・・
s-IMG_0049_201503292246270e1.jpg
さあ・・・帰りましょ。



弥生・・・それは厳しい季節なのでした♪

s-IMG_0053_201503292246284ed.jpg
う~ん、美味そう♪




釣行日: 3月28日
釣果: マス 47.7Cm ×1尾

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。