04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

渓流:支流と雷雨、本流と晴天 

s-RIMG0836_201504272240491b5.jpg
いつもの支流。

今回も現地入りは5時すぎ。
一息入れていると車が3台止まったので慌てて準備して入渓・・・・・
徐々に人も多くなってきたなぁ・・・

回を重ねる毎に浅い瀬も絡めて攻めていくが、何故か今日はアタリが全くない?
落ち込みから深み、瀬尻まで丹念に攻めるも一向に反応無し。

・・・・・・ん~どうしたんだろ?

大きめの落ち込みを攻めてやっと当たるも・・・
s-RIMG0835.jpg
マスですよ・・・

更に釣り上るもアタリは取れず、魚が居ないのか確認する意味でルアーを投げるも追って来る魚影も全く見えず。
う~ん、相当抜かれたのかな・・・・

途中から入ってきた釣り人に追いついてしまったので、暫し歓談するも全くアタリがないそうな。
目の前には美味しそうな淵があるがここでも反応無しとのこと。

・・・・・・・いや・・・・・

ここは居るでしょ。

先行者は諦めて下るそうなので、その淵に仕掛けを入れてみると・・・
s-RIMG0837_2015042722404985a.jpg
食った♪

やはり魚は居るのだ。
ただ、食わせられないだけ。
しかし、退渓点まで釣り上るも追加はならず、私もここを見切って移動することにした。
・・・・まだ10時前だった。


移動先は初めのポイントのかなり上流。
沢の合流点から入渓して釣り上る。
s-RIMG0838_20150427224052375.jpg
こんなとこ、蜘蛛の巣いっぱい♪

淵と瀬が絡み合う絶好のポイントが続く・・・・
しかしここでもかなり渋い。

何か所目かの瀬でやっと・・・
s-RIMG0841_20150427224119296.jpg
レギュラーサイズ。

それでも最初のポイントよりは魚影も濃さそう。
先行者の足跡も無いし♪
落ち込みから深みを流し、瀬尻に差し掛かったところで明快なアタリ。
s-RIMG0840.jpg
良型です♪8寸強。

・・・・・・・・・と、調子が上がってきた感があったのもここまで。
気付けばパラパラと雨が・・・
上空を見上げるとどんどん雲が厚みを増してきているような・・・・・・

そして雷鳴が轟いた(汗

ほぼ真上だったみたいで雷光と雷鳴が同時な上に、空気がビリビリと振動してるのが解る。
もう・・・釣りどころではない。
速攻で竿を仕舞い、なるべく姿勢を低くして退渓点まで一気に駆けた・・・・

s-RIMG0842_2015042722412126e.jpg
避難です・・・

レーダーを確認するとどうやらピンポイントに当たってしまったようだ。
仕方ない・・・抜けるまで寝ますか♪

・・・・・・・・・・zzzzzzzzzzzzzz

目が覚めて時計を見ると17時過ぎ。
しかしまだ雷鳴は轟いている・・・・・・・・・・・
やっと音が遠くなったのは18時前で、急いでルアーロッドだけ持ち出して途中飛ばしてしまったポイントを下りながら攻めていく。
s-RIMG0843_201504272241222e8.jpg
やっと青空。

もう暗くなるまで時間がない。
しかし・・・
s-RIMG0844_20150427224124df4.jpg
濁りが・・・・

魚の活性は上がったのか、結構チェイスを見掛ける。
何だかんだで2尾だけ確保し、今日の釣りを終えることにした。
s-RIMG0846_201504272241258e7.jpg
遠くはモヤが懸かってますな・・・・

それからゴリさん、HUTさんと合流すべく大きく移動。
暫くしてからお二人が合流し、今夜も宴だ♪
s-RIMG0848_20150427224143ba6.jpg
今晩は唐揚げパーティー♪

三人で歓談を楽しみ夜は更けていったのだ・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・翌朝は快晴。
s-RIMG0850_201504272241448e8.jpg

まったく!前日の荒れは何だったんだろうか・・・
朝の釣りとしてお二人とそのご友人が見守る中で竿を振るい、ヤマメをゲット。
流石は本流の魚、型が良い♪

更にマスも確保したが、これはリリース。
時刻もいい感じになってきた頃に、お三方は別のポイントに向かわれた。
私はここを釣り下ってみよう・・・・

いきなりの深みでは仕掛けが流れているのか、入っているのか判断できずアタリ無し・・・・

ほんっと!水深がありすぎる場所は苦手・・・・
そこから続く瀬を丹念に攻めることに・・・って言うかここしか釣れない気がする(笑

ジャブジャブと川の真ん中まで立ち込み、対岸の少し深くなっている場所を中心に攻めると・・・・・・
s-RIMG0851_20150427224146944.jpg
マスとヤマメ♪

まだまだ居そうなので、しつこく攻めるとウグイ混じりながらポツポツと追加。
最終的にはヤマメ6尾、マス3尾を確保出来た。

s-RIMG0853_20150427224149b9a.jpg
本流は広いですな~
s-RIMG0852.jpg
9寸強。

お土産としては十分に確保出来たので、15時前に撤収。
お二人に教えて頂いたポイントに行ってみようかと思ったが、それは次回のお楽しみ♪

折角なら他の支流を下見に行こうと思い、ハンドルを切る。

ナビとアプリを頼りにいろいろと見て回り、結構満足したので少し早いが帰路に着いた。
s-RIMG0854_20150427224159bcb.jpg
ちょっと小さすぎ・・・


釣行日: 4月25~26日
釣果: ヤマメ 15~30.2Cm ×13尾
     マス 24~33.0Cm ×5尾
スポンサーサイト

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。