10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

房総磯:ちょこっとメジナ&アジ 

今回は久し振りの南房夜磯メジナ。

職場のSさんも合流しての釣行で、金曜晩に現地集合。
まだ脂の乗りはよくないと思うけど・・・・Sさん我慢出来なかったみたい・・・・
s-RIMG0952.jpg
背負籠用意して・・・・

最初に少しやってみたけど意外にアタリが無い。
何だかんだで遅れてやってきたSさんと合流して鉄板ポイントに歩を進める。
ここで釣れなきゃメジナ・・・・居ないでしょ(笑

潮位も良い感じに下がっていたので一番前まで出て仕掛けを入れてみるといきなりのアタリ。
s-RIMG0951.jpg
こんばんわ。

型はやや小型の35Cm位。
その後もポツポツとアタリはあり、最初は慣れなかったSさんも順調に釣果を重ねている。
s-RIMG0950.jpg
追加。ちょっと型が良くなった♪

下げ止まりを機にアタリが無くなったので、さっさと撤収。
翌朝のメニューを協議して某漁港に朝マヅメのアジをやりに行くことにした。
途中で駐車場に車を停め、3時まで仮眠。
・・・・・・・・・zzzzzzzzzzzzzzzzzz

目覚ましで起床し、ポイントに入る。
最初はアタリも無かったが、時合に入れば群れが回ってくる。
ポンポンとレギュラーサイズのアジを追加。
s-RIMG0954.jpg
型良いっす♪


アタリが止まるまでの数十分で10尾確保出来たので、これにて納竿・・・
現地の釣友Oさんとの久し振りの再会に会話に花が咲いて暫く談笑してから帰路に着いた。

s-RIMG0953.jpg
タタキ・・・作るかな~


釣行日: 11月13~14日
釣果: メジナ 34~40.2Cm ×4尾
     マアジ 25~31.3Cm ×10尾
スポンサーサイト

[edit]

房総港:脂を求めて東へ北へ 

今年最後の川から舞い戻った某日・・・・

脂を求めて房総の海に居た。
s-RIMG0945.jpg
・・・久し振り♪

到着はまだ夜も明けぬ4時半(笑
フカセでこってりなカイズ様をサクサクっと釣ってしまおうと目論んで、徐々に明るくなってくる中でせっせと準備。
前に下見だけはしていたので、仕掛けや釣り方は大体のイメージは出来てる。
コマセを作って竿を伸ばして・・・・

・・・投っ!!!!!

本日はTAKAさんとSYさんも来ているハズ・・・・
ってTAKAさんの姿は見えない。
メールじゃ着いてるはずなんだが・・・

そんな時にSYさんが到着し、程なくTAKAさんの居場所も解った(笑

肝心の魚はというとなかなかアタリ無し・・・・
隣のSYさんが早々に釣ってしまい、内心焦ったが程なくウキが潜って・・・
s-RIMG0941.jpg

s-RIMG0942.jpg
釣れた!

型は30Cm位とまさにカイズ様。
そういや、昼のフカセでカイズ釣ったのって・・・・・何時以来だろうか?
思い起こしても記憶に無い。

s-RIMG0943.jpg
本日のポイント。


それから時間を置かずに再度アタリ。
s-RIMG0946.jpg
・・・もういっちょ同サイズ!

しかし、徐々にアタリが遠くなってきた。
潮も下げて来ているし気配が無い・・・
そんな時にモゾモゾしたアタリ。
s-RIMG0947.jpg
足裏未満のブト様。

何時もならリリースするんだが・・・・・ここは木端ですら美味いという。
ならば・・・・持ち帰って喰うしかないだろう♪

今回は鬼となる(笑

しかし・・・・この考え方が良くなかったのか、この後は全くアタリが無くなり頃合いを見て終了。
帰られるSYさんを見送ってから、後程の合流を確認してTAKAさんより先に北上して夜釣り場に向かう。

途中のスーパーで餌買って、のんびり走って到着。
仕掛けを準備していたらゴリさん見かける♪
メールで所在を連絡したら戻って来てくれたので暫し海辺の川トーク(爆

頃合いになりゴリさんはHUTさんに合流する為に別れ、私は一人仕掛けを入れる。
アタリは開始早々出るんだが・・・・・乗らん!

s-RIMG0949.jpg
今回は欲望控えめの2本出し♪

開始から2時間近く経ってようやく明確なアタリ。
s-RIMG0948.jpg
釣れた!

長さはそこそこだが、太さはゴン様級な一本。
その後TAKAさんも合流し、のんびりと竿を出すもTAKAさんが1本上げた所でアタリも無くなった。

潮時かな・・・・と他で竿を出している皆様に帰宅&健闘祈願メールを送って帰路に着いた。





釣行日: 10月24日
釣果: カイズ 30~31.6Cm ×2尾
     メジナ 24Cm ×1尾
     アナゴ 59.5Cm ×1本

[edit]

渓流:北の大河へ・・・・ 

今年最後の渓にはシルバーウィークに出掛けた。

今回は前から話を聞き気になっていた北の大河。
当日は豚さんと待ち合わせをしての相乗り釣行・・・
彼はもう数度訪れており、今回は私は初めて行く川なのでエスコートもお願いしたのだ。

何時もの渓より更に数十キロを走り・・・・・
s-DSC_0450.jpg
着いた♪

今回は上流部に近いと思っているが、それでも何時もの渓とは違い川は大きく、感じる流れは力強い。
これでも渇水していて水位は結構低いそうな・・・

久し振りの川の空気・雰囲気を肌で寒感じてから早速準備を始めた。
竿は8mの本流竿、ラインは06フロロの通しで針はナノヤマメの6号をチョイス。
餌は現地調達が難しいかもと聞いていたので、一応ミミズは持ち込んだ。
準備を終えて川虫も採取してみたがやはり満足に数量を確保出来そうにないので、初めはミミズにてスタートすることにした。

仕掛けを投入し流してみる・・・・・ん?・・・・ガン玉を微調整し再度仕掛けを入れる。

・・・コッ

微かなアタリがあったのでもう一度入れてみるが・・・反応が無い(汗
話には聞いていたが、こりゃ想像以上にシビアな釣りだな・・・・・

それでも何度か経験すれば自然とアタリの出る箇所、アワセのタイミングは合ってくるもの。
ココッというアタリに小さく鋭くアワセを入れる。
s-DSC_0453.jpg
記念すべき1尾目。

型は19Cm位。
大きさはともかく、綺麗な魚体だ・・・・
それに丸揚げにするには丁度良い大きさでもある。

ビクに魚を入れ、少しづつ釣り上がる。
途中でルアーマンに会ったが、釣人が少ないようだ。
少し釣り上がっていき、同様のアタリ方で・・
s-DSC_0458.jpg
2尾目が釣れる。

型は同じ位。
その後もポツポツと釣れ、午前中は8尾を確保できた。
昼に一旦川から上がり、市内の釣具屋まで餌を買い足しに向かうが、途中で散見する渓はどこも魅力的で竿を出してみたい気分になる。
無事に釣具屋で餌を買い、ついでに仕掛け類や竿を見て暫し楽しんでから再び移動・・・
今度はちょっと上流に行ってみたがまだ陽が高く、この時点で13時過ぎ。
途中で鮎の塩焼きを頬張りつつ、時を過ごす。

15時頃から二か所目のポイントに入る。
川幅は相変わらずであり、8m竿ではくまなく探るのはちょっと厳しい場所も多々あり・・・・だ。
後で思ったのだが、もう少し長い竿が欲しくなった。
それも大物が喰ったとしても十分に対応でき主導権を握れる竿が・・・・
s-DSC_0465.jpg
良い天気・・・・そして川は広い。

4Bのガン玉を打ち、仕掛けを沈めるもまだ流れの底波を捉えられていないようだ。
やっとのことで仕掛けが良い感じに入って行くが、アタリの出方は先程と変わらずって感じ。
上流側の大きな淵はアタリが取れないので軽く流してからパス。
その先の瀬を中心に流して数少ないアタリを拾うと・・・・・
s-DSC_0462.jpg
本日の最大級。

・・・・・・・・と言っても
大きさは20Cm強だけど・・・・

それから2尾追加し、無事にツ抜け達成。
それから届く範囲での魚が付いていそうな場所を重点的に攻めると小型ながらヤマメが飛び出した♪
辺りが薄暗くなった所で本日の実釣は終了・・・

最後の最後に明らかに大型というアタリでアワセ損なってスッポ抜けたのはご愛嬌だ(笑
来年は是非とも年券を購入し、同時に新しい戦力を携えてまた訪れよう・・・・・

夕闇が迫り、静寂の時間が訪れる中・・・帰路に着いた。
s-DSC_0470.jpg
豚さん、ありがとうございました♪




釣行日: 9月20日
釣果: ヤマメ 17~22.7Cm ×11尾

[edit]

房総磯:夏の備忘録③ 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

[edit]

trackback: -- | comment: --

房総磯:夏の備忘録② 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

[edit]

trackback: -- | comment: --

房総磯:夏の備忘録① 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

[edit]

trackback: -- | comment: --

渓流:春の備忘録③ 

今回は土曜の午前中は仕事で昼に出発。
途中渋滞に絶望を感じながら・・・・・到着!
s-RIMG0920_201506010022246e3.jpg
もうあまり時間がない・・・・

s-RIMG0921_20150601002226b00.jpg
水量・・・・問題無し!

s-RIMG0922.jpg
最初は・・・・小さ目。

気を取り直して背を中心にガンガン攻めまくる!・・・時間が無いので(汗
s-RIMG0923_20150601002229bae.jpg
ヤマメ、25Cm位。

s-RIMG0924.jpg
もう一ちょヤマメ、27Cm強。

s-RIMG0926_20150601002256b55.jpg
途中の深みからマス登場。

結構釣り上がった背の対岸側を流していたら目印がすっ飛んで・・・・
s-RIMG0927_20150601002258a52.jpg
ヤマメ、尺弱。
こいつは良く引きました♪

いよいよ目印が見えなくなってきた頃に・・・・
s-RIMG0929_201506010023015cc.jpg
締めのマス・・・・


納竿後、第二キャンプ村に移動。
本日の釣果の下処理をしていると、ゴリさん、HUTさん、Sさんが次々と合流。
宴を囲み楽しい時間でした♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・翌朝。
s-RIMG0930_20150601002303402.jpg
今回も良い出来でございます♪

皆さんまだ就寝中だったのでちょこっと竿を出してみる。
s-RIMG0932_20150601002329b53.jpg
竿は8mをチョイスですな。

大きめの落ち込みにて・・・・
s-RIMG0931_20150601002328ce1.jpg
マス・・・・

マスを釣った落ち込みから続く背の尻にて・・・
s-RIMG0933_20150601002331dcd.jpg
・・・イワナ♪


ここで皆さん起床。
帰宅するSさんを見送って、3人で別水系の渓に行くことに。
s-RIMG0934_20150601002332a44.jpg
この川、結構好きですね。
大きさといい、渓魚も綺麗です。

しかしGWで散々叩かれたのかこの川もかなり渋い・・・・・
かなり釣り上がった淵でようやく良型が食ってきたが・・・
s-RIMG0935.jpg
お口から尻尾が・・・・?

お腹押したら吐いちゃった・・・・
s-RIMG0936_201506010023575d5.jpg
鮎飲んでました(汗

その後も釣り上がるも・・・・・渋い。
s-RIMG0937.jpg
渓相は素晴らしいんですよ。・・・渓相は。

退渓点近くでようやく3尾目を仕留める。
s-RIMG0939.jpg
良いヤマメです♪

これを釣ったら直ぐに暗くなってきたので、今回はここまで。
ゴリさん、HUTさんお疲れ様でした!




釣行日:5月23~24日
釣果: ヤマメ 16~29.8Cm ×8尾
     イワナ 22Cm ×1尾
     マス 26~31.3Cm ×3尾

[edit]

渓流:春の備忘録② 

この日は早朝から本流筋へ。
朝からシトシトと降っていて条件的には良い筈??

s-RIMG0889.jpg
水量・・・・微増ってところかな?

流石に叩かれまくっていて手前側では反応無し。
なので対岸側を流してみる。
s-RIMG0891.jpg
25Cm強。

さっきの魚が出た少し上を流すと・・・・
s-RIMG0890_20150601001251ab0.jpg
28Cm弱。

立て続けに良いヤマメが出たが、その後はアワセが遅れたりフックアウトしたりで数が伸びず(笑
s-RIMG0893.jpg
何とか25Cm弱。

ちょっとした落ち込みに沈めて・・・
s-RIMG0894_201506010012551d1.jpg
30弱のマス・・・・

落ち込みから続く深みで・・・・
s-RIMG0896_201506010013191b1.jpg
35Cm強のマス。
こいつは結構良い引きしてました。


一通り釣り上ったので一旦退渓して支流に行きます。
s-RIMG0898_20150601001320adc.jpg
緑の中の黄色い花は目立ちます。

・・・・・・・・・・・・・
暫く走って同じ管内の某支流に。

ヒラタが取れないので、小さいクロカワを付けて落ち込みにダイレクトに入れると・・・・
s-RIMG0899_20150601001322b80.jpg
・・・イワナ♪

大きさは20Cm弱だけど。
s-RIMG0901_2015060100132462a.jpg
折角なので水中写真も♪

s-RIMG0903.jpg
小さい渓なので釣り方はチョウチン。

s-RIMG0904.jpg
ちっちゃいイワナ。⇒リリース。

ちょっとした深みから・・・
s-RIMG0906.jpg
ヤマメ。26Cm強。

s-RIMG0908_20150601001400d35.jpg
止まり方と大きさからしてサナエ系ですね♪

その後、もう一か所入り、夕方に渓を上がってキャンプ村に移動。
s-RIMG0909.jpg
本日の釣果の下拵えをして・・・・

s-RIMG0912.jpg
燻して・・・

んで、お休みなさい・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おはようございます♪
s-RIMG0913.jpg
良い出来でございます。

翌日は途中ゴリさんと合流して小渓流に。
s-RIMG0914_20150601001429648.jpg
山道行きます。

s-RIMG0916_20150601001432ba5.jpg
上流部は小さ目の流れです。

しかし魚影が無い・・・・
s-RIMG0915_20150601001431092.jpg
やっと1尾・・・・

一旦退渓し、ゴリさんと合流して一緒に釣り上がりますが、さっぱり・・・
結局は1尾追加しただけで納竿でした。
s-RIMG0919_201506010014573cc.jpg
ゴリさん、お疲れ様でした♪



釣行日: 5月16~17日
釣果: ヤマメ 19~27.7Cm ×7尾
     イワナ 15~19.4Cm ×3尾
     マス 24~35.6Cm ×15尾

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。