06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

管釣り:燻製作りと山道の旅 

仕事が通常営業状態に戻るまであと少し。
今月頭に初釣りに行ったが、それからまた暫くは行くことは出来なかった。

これだけの期間、そういう状態が続くと行かない事に慣れてきてしまう。
慣れとは恐ろしいものだ。
解禁前に海にもう一度行こうかと考えてもいたが・・・・コマセを作ったり、道具を洗ったりするのが面倒で燻製作りに行くことにした。

金曜は早目に寝て起床は2時半。
だらだらと準備をして3時過ぎに家を出る。
s-DSCF1034.jpg
法定速度遵守(笑

川と違い管釣りなので特に慌てる事も無く法定速度で高速を走る。
たまにはのんびり走るもの悪くはない。
一体何台に抜かれたことか(笑

自宅を出る際の外気温は3℃。
んで、八王子を過ぎた辺りで0℃まで下がってきた。
進めば進むほど順調に気温は下がり・・・・・
s-DSCF1037.jpg
寒過ぎでしょ、コレ。

最終的に目的地では-5℃まで逝った・・・・

う~ん、寒い・・・・
受付は済ましても準備をする為に車外に出る気がしない。
ちょっと休憩してからやるか・・・
・・・と30分位うだうだしてから車外に出る。

・・・やっぱり寒い。
s-DSCF1039.jpg
また来てしまった・・・

初めは8mの本流竿を伸ばし、仕掛けを入れる。
周囲を見ても長くて5m位。
明らかに浮いているが気にしない(笑

因みに餌はイクラを用意していたが、如何せん一年前の物なので釣れる気がしない。
こっそり買ったブドウ虫を付けて放り込んだ。

仕掛けが馴染み、目印がゆっくりと流れる。
底波をきちんと捉えられているようだ。
程なく流れが緩くなったところでアタリが出る。
s-DSCF1041.jpg
割とヒレピンなニジマス。

放流物なので基本的に尾鰭は丸い。
そりゃ~気の毒なくらい丸い。
でもこのニジマスは結構な間釣られなかったのか尾鰭がきれいだった。

水温が低いせいか緩い場所に集まっているようで同じ場所でアタリが連発。
サクっと7尾追加して残り1尾。
隣の区画を流して程なく1尾追加・・・・
s-DSCF1042.jpg
またニジマス・・・・だけど更にヒレがピンピン。

9尾確保したところで一旦竿をたたみ、魚を処理する。
下処理をしつつパンを食らって時間を過ごし・・・・
s-DSCF1043.jpg
今回も燻します。

この日は風が強かった。
横風に煽られてチップに火が付きそうで目が離せない(汗
それでも3回火が付いちゃってちょっと焦がしてしまったけど・・・・
やっぱウィンドシールド買わなきゃな~・・・

しかし好きな事をしつつ晴天の下で時間を過ごす・・・・・
最近は公私共に追われていたのでこんな充実した時間は無かった。
s-DSCF1044.jpg
そう、それは「贅沢」な時間♪

2時間程で今回の任務の半分は無事に終わった。
次の予定時間まで2時間半程あるので唐揚げ用に数尾釣ってくか・・・・
のんびりと釣り糸を垂れ、ポツポツとマスを釣り3時前には片づけをして釣りは終わり。

エンジンを掛け、自宅とは反対方向にハンドルを切る。
距離優先でナビを設定すると結構な山道を走れと言う・・・・
取り敢えずナビ通りに走るが・・・・

道が狭い!!

車幅ギリギリってところを何度もヒヤヒヤしながら走り抜け、2時間後に目的地に到着。
距離的には30~40Kmってところで殆どの区間は山の中♪

入店早々目的の物を購入し、コーヒーを頂いて店主と暫し話し込む・・・

ん十年前の道路事情や芸能界?話・・・・まぁ、色々と(笑

ふと時計を見る。
さて・・・・・そろそろ帰らなくては。

店主に帰る旨を伝えると、「解禁したらまた店に来なさい」と見送られ、自宅に向かってハンドルを切った。



s-DSCF1046.jpg
準備は・・・・整いましたぞ♪




釣行日: 2月27日
釣果:  ニジマス ×13尾

[edit]

年券 

s-DSCF1029.jpg


今年も年券入手。
昨年はオレンジだったが、今年はスカイブルー。

この漁協は郵送で買うことが出来るので遠方の私にとってはありがたい。
今週末は管釣りに行ってから帰りに別の管区の年券を買って来よう・・・

[edit]

小継竿 

本日、新戦力が我が手中に届いた・・・

昨年は竿を折ってしまい釣友に竿を借りた事もあった。
単独釣行だったら同長竿の予備が無いだけに撤収?ってオチだったろう。
本流用は揃っているので今回は小渓流用の6m竿。
s-DSCF1024.jpg
「がま渓流 MULTIFLEX粋我 硬調600」

s-DSCF1025.jpg
抜き調子ではないからチューブラではなくソリッドの0.7mm。


でもインプレッションを見てみると20~25Cm弱をバンバン抜いてた(笑
私が行く小渓も型は同じようなものだから問題無いだろう・・

なによりいつもと違う穂先の竿で釣るのも面白いと思う。

s-DSCF1026.jpg
よくよく見てみると結構好きなデザインでもある♪

・・・振って掛けてみるのが楽しみだ。

[edit]

止まらない物欲・・・ 

解禁に向けて・・・・治まった物欲が再燃。

最近買い物が続いたので色々と迷ったが、小渓流戦力が手薄なので注文しちゃった・・・・


http://www.gamakatsu.co.jp/products/search.php?md=d1&n=20015G&kd=1



メタルトップも気になるなぁ・・・



[edit]

もどかしい日々、待ち遠しい日々 

最近、ようやく釣りに行けた。
再び海に・・・・と思っているが、時期的には来たるべき渓流への準備に掛からねばならない。

今月末は管釣りに行って燻製作り&年券購入の旅にでようと思案している。
小物は近所の釣具屋で入手可能なので色々と買い込んで来た。
s-DSCF1021.jpg
針と水中糸。

s-DSCF1022.jpg
メインで使っている針。5号は小渓流用、7号は本流用。
プレッシャーが高い場合は更に4号までサイズを落とすこともある。

s-DSCF1023.jpg
こちらは軸が太目のもの。
50Cm級でも対応可能みたいなので、北の大河で使ってみようと思う。



なかなか釣りに行けないのはもどかしいが・・・・
待ち遠しくもある。

・・・・・複雑な気分だ(笑

[edit]

もうすぐ・・・・ 

もうすぐ今年も渓流の開幕がやって来る♪

今年も来月中旬からの参戦を予定している。
解禁のお祭り騒ぎは避けたいところだ。
今は準備の時・・・・なのでamazonで色々とお買い物♪
s-DSCF1017.jpg
熊除け鈴も大きな物を追加購入。
音色も大きく良い感じだ♪


s-DSCF1020.jpg
ミノーはお気に入りのものを追加購入。
ライムチャートカラーは個人的に高実績なので予備も含めて購入。


s-DSCF1016.jpg
昨年穂先を折ってしまったパックルアーロッドも改めて購入。
調子は相変わらずULT。


s-DSCF1015.jpg
フニャフニャで良い感じだ(笑



後は・・・・6mのマルチ小継竿をもう一本買っちゃおうかな??

[edit]

房総磯:やっと初釣り 

s-DSCF1003.jpg
ん~久し振り♪


昨年暮れから色々とあり、釣りから遠ざかっていたが・・・
やっと竿を振れる機会が来た。
と言っても短時間ではあるんだが・・・ね。

何をやろうか迷ったが、当日の実釣可能時間帯の潮汐を考慮して夜磯フカセをやることに。
s-DSCF1010.jpg
電気ウキの灯りも久し振りだ。

当日の海は凪いでいた。
個人的にはもうちょっと波っ気が欲しいところだが仕方が無い。
アテンダーⅡ15-53を伸ばしコマセを打つ。

・・・・・ん?

潮が緩いな・・・・


仕掛けを打てどアタリが無い(汗
何時ものポイントでもアタリが無いのでちょっと沖に仕掛けを飛ばし、様子を探る。
程なくウキがゆっくりと引き込まれた。
徐に竿を立てる。
s-DSCF1005.jpg
久し振りの感触を確かめつつ抜き上げたのは40Cmオーバーのメジナ。

しかしアタリは遠い・・・

こりゃ厳しい。
それでも丁寧に探るとアタリはある。
水温が極端に低い訳でもないので潮が緩いのが原因だろう。
s-DSCF1007.jpg
今度はちょっと小型。

黙々と竿を振り、そろそろ潮止まりの下げ一杯。
と同時に撤収時間がやって来る。
翌日は仕事だ・・・・もう時間が無いって思っていたらウキが潜った。

最後に40Cm弱を抜き上げ、本日の釣りは終了~
心躍る釣りではなかったが、竿を振れたのには満足。

釣果はカルパッチョにでもしよう・・・

バッカンを洗い、釣り場を後にし帰路に着いた。
s-DSCF1009.jpg
次は月末かな・・・



釣行日: 2月5日
釣果: メジナ 36~42Cm ×3尾

[edit]

防水デジカメ 

s-DSC_0085.jpg

s-DSC_0086.jpg
CANONのデジカメが壊れてから暫くはスマホ撮影で済ませてきたが、最近ようやくデジカメを買った。

使い慣れているIXYをと思ったが、渓流での水中撮影も考えて防水デジカメに。

撮り捲るぞ~・・・・・って釣りに行くのが先か・・・・・

[edit]

新居計画 

まだまだ初釣りには程遠い今日この頃…

何をしてるかって?
↓身辺整理やってます…
s-DSC_0055.jpg
まだまだ何も無いけど、実は画像は月初のもの。

s-DSC_0057.jpg
カーテンすら無い部屋だけど、これも少し前のもの。

先日引っ越しも終わり、暫くは段ボールの山に囲まれての生活だろう…(汗)
いや、何かとあって休日もバタバタだったが、それもあと少しかな…

s-DSC_0053.jpg
夢の空間も…構築中でございます♪

[edit]

迷い人 

新年を迎え、思い返せば昨年の師走から色々と考える日々が多くなったような気がする。

こっから先は独り言・・・・・

馬鹿がブツブツ言ってると聞き流して下さいませ。

もう2ヵ月釣りに逝ってないのでメンタル面がかなりキテます♪



釣りのスタイルって人それぞれ。

私は昔は狂ったようにカゴばっかり投げていた。

・・・・・そう。正にジャンキーと言ってもいい位に。

それも時が経てば変わるもんだな・・・・と今更ながら思う。

カゴからフカセに走り、ちょっと特殊な釣法に・・・・それに渓流。

足を運ぶフィールドが海限定でなくなったのも大きな環境の変化だろう。

我が国は四季がある。

一途に一つの釣法・魚を追い駆けるのも良い。

私は否定しない。

なぜなら昔の私はそうだったからだ。

今が違うと言って過去の形、また、それと同スタイルを否定するのはナンセンスだろう。

では今の私のスタイルは?

・・・・と聞かれたら何と答えたら良いんだろう・・・・・

正直、自分でも明確な答え・信念はまだ見出せていない。

芯がぶれているってことだ。

聴こえ良く言えば、四季折々の魚を狙っているって言えそうだが、明確な行動パターンは無いし。

年々変化する自分の周りの環境の変化にも多分に左右されていくだろう。

そんな中で見出せるのか?

個人的には甚だ疑問だ。

正直、出口の無いトンネルを歩いている気がしてならない。

歩けど歩けど出口の光は見えない。

果てまで続くのは真っ暗な闇だけ。

そんな気分に最近はよく陥る。

自分が本当にしたい釣りってなんだろう?

夜磯?それとも渓流?はたまた投げ釣り?

多分・・・・一生答えなんて出ないんだろうな。

フカセもやりたいし、カゴも投げたい、渓魚とも遊びたい。

今言えることは、家族が食べる分だけの自然の恵みを頂き、それに満足すること。

結局は食べる為に釣りしてるんだし、一つの答えはそこにあるのかもしれない。

釣りに逝けない分、今までお世話になっている方々との縁も随分と疎遠になっていることにも気付かされた。

一つの要因としてはこのブログを一時的に限定にしていたこともあるだろう。

人の縁とは金銭では買えない貴重なもの。

それを自ら閉じていたのは愚の骨頂もいいところ。

こんな自責・自戒もありブログのトップは今年からオープンにする事にした。

今更遅いのかもしれないが・・・・・

今年は生活環境も大きく変わり、ある意味変化の年でもある。

夫として・・・

父として・・・

企業人として・・・

そして釣り人として・・・

そんな事を思う新年三が日の夜。

私は新たな一歩、いや、見えない答えを探し出す為に歩き始めるのだ。

暗闇のトンネルを・・・










[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。